本文の先頭へ
LNJ Logo ひどい人権侵害
Home 検索
 


ひどい人権侵害

Sです.通勤途上で殺されるなんて,ひどい人権侵害です.労働者の権利 の最低の保障として通勤災害,あと業務の性格を帯びた場合業務災害の人もいると思 います.遺族給付,療養給付,休業給付,障害給付を迅速に支給し,監督署はJRに求 償することです.もちろん第三者行為として慰謝料請求もすべきです.なお,最近の 改正で単身赴任者や二重就労者の通勤災害の範囲は広がります.  通勤者などにとって交通手段は目的ではありません.交通事業に携わる人は,何よ りも安全に輸送しなければなりません.安全でなければ意味がなく,安全でなければ 別の手段を考えねばなりません.  すべて遅れないことを至上命題として運転するように,会社の中で管理されている なら,それは単なる運転手の過失ではありません.過労自殺で働きすぎることが奨励 され,使用者が健康管理をしないなら,会社は労働者遺族に慰謝料を支払わねばなら ないとされました.  労働者の人権に照らして,今回の問題は人災として割りにはっきりしているのでは ないでしょうか.

 あと気になるのは,最近横断歩道(交差点)で歩行者などにとって信号が青になって も,車が突っ込んでくることです.歩行者に対する人権侵害だと思います.前は車に とって信号が黄色になったら突っ込まなかったものです.小さいことですが,これが 惨事につながります.  警察は被害者の人権や交通ルールのためにもっと働くべきです.  少しでもおくれないようにとか,少しでも早くというのはよく考えるとばかげたこ とです.加藤周一さんの友達が岩波の科学関係の編集者で,有休をまとめてとって平 安仏やロマネスクを車で計画的に見に行っていたとか.有休の正しい使い方ですね. そのときに,車を追い越さない.というのは,目的地につくまでの時間を節約するの はわずかだが,追い越すための注意はストレスになるということです.  列車が目的地に着く時間を節約するために,殺されたのではたまったものではない !


Created byStaff. Created on 2005-04-27 12:07:42 / Last modified on 2005-09-05 03:00:24 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について