本文の先頭へ
LNJ Logo もうけ主義がもたらしたJR西日本の大事故
Home 検索
 


*レイバーネット日本・メーリングリストなどから転載

鉄道はどこも無法地帯

こんにちは。元都営交通年休裁判原告で病気休職中を強いられているNです。 今回のJR西日本の事故、皆さんはどのようにご覧になっているでしょうか?同業他局として、言いたいことはいっぱいあります。

各放送局は報道特別番組として、生々しい現場映像や専門家による事故原因の分析などを交えながら報道しています。

しかし、専門家とされる鉄道ジャーナリストと呼ばれている人たちの多くは、失礼な言い方をすると俗に云う「鉄チャン」であり、電車構造や駅施設などのハード面には詳しいものの、運転士がどのような状態で働かされているのかなどのソフト面は、全く判らないはずです。

にも関わらず、昨日、今日と某局に出演している鉄道ジャーナリストの方なんぞは、アナウンサーから運転士の資質や職場実態について聞かれ、知ったかぶり、憶測で答えていることが伺い知れます。確かに、専門家ですから聞かれたことに答えられないのは恥かもしれませんが、専門 家がコメントしたことは視聴者にはあたかも正確な情報であるかのように誤解されてしまいますから、判らないことは判らないとハッキリ答えて欲しいものです。 これだけ、JRの運転職場、いや企業体質が問われているのですから、立山学さんのような現場に精通した人が、コメンテーターとして出演していただきたいものです。

私のように東京にいる殆どの人達は、アレは兵庫の話しで、東京は大丈夫、あるいは私は私鉄沿線でJRには乗らないから大丈夫と、他山の石を決め込む人が案外、多いんじゃないでしょうか? 私に言わせれば、今、鉄道はどこも無法地帯です。このサイトには高輪クラブの皆さんが多くいますから、JRが記者会見でどんなに奇麗事を並べたてても嘘八百だってことがスグ判るかと思います。 しかし、ウチ(都交通局)だって全く同じなんです。JRの陰に隠れてしまっているだけです。私鉄だって同じですよ。 ちなみに、私は自分の線(都営)には乗りません。何故ならって、誰よりも危ないことを知ってるからです。

Tさんがおっしゃるように、全ては置き石のせい、アパッチな運転士のせい、乗客の皆さんには申し訳ないんですが、でもね私どもJR西日本だって被害者なんですよって、言わんばかりの記者会見でした。あの置き石だって、粉砕跡はあるものの肝心の石が見つかっていない。発見 したのが警察官や消防官ではなく、JR西の社員なんですから、自作自演を疑われても仕方がないようにも思いますね。


もうけ第一主義と厳罰主義が原因

T(国労闘争団)です。

 JR西日本の大惨事の原因は、もうけ第一主義と厳罰主義 にあると言って間違いありません。  オーバーランした後の運転士は、処罰を恐れ、遅れを取り 戻そうと、必死になって電車を飛ばしていたのではないでし ょうか。

 すでに会社は、運転士個人、あるいは置き石を「犯人」にしよ うとするような言動を行っていますが、到底そんなことで許され る問題ではありません。  当然、社長は責任を取って辞任することになるでしょうが、 JR西日本の企業体質をつくった最大の責任は、会長の井出 にあります。会長以下取締役会の全員が責任を取るべきです。 辞職して償えるような問題ではありませんが。

 同じような問題は、JRグループの全社に共通するものです。 JRは本来の鉄道の使命に立ち返り、もうけより安全を優先 するべきです。  また、ゆがんだ労務政策を変更しなければ、今回のような事 故を防止することはできないことを知るべきだと思います。

 わたしは先日、福岡地震を経験しましたが、今回の「人災」と いうか、「企業災」の大きさには、あらためて慄然とする思いで す。


起こるべくして起こった事故

Cです。

とうとうやってしまいましたねえ、JR西日本… 何年か前の団結まつりの際に、「JR西日本は乗客に2桁単位で死者を出す大事故を向こう5年以内に必ず起こす」と私が予言したのを覚えておいでの方もいらっしゃることと思います。 JR西日本が、鉄道人の矜持にかけて私の予言を裏切ってくれることを期待していたんですが…

消防隊員による救助活動が続いているのに列車の運行を再開するような企業体質。 列車が少し遅れただけで運転士が乗務から外されるような異様な締め付け的労務対策。

起こるべくして起こった事故といえるでしょう。

JRになってから18年、2桁の死者を出した事故は1991年の信楽高原鉄道事故に次いで今回が2度目ですが、JR西日本はその両方に関わっています。 これまでの事故の教訓が全く生かされていないばかりか、「安全よりカネ」の姿勢がJR6社の中でも最も醜悪に出ていたのがJR西日本であることはすでに何度も指摘されていますし、私自身、JR西日本での事故の危険性はこれまで何度も警告してきました。 それなのに、警告を無視し、姿勢を改めなかったのはJR西日本自身です。 JR西日本には、真剣に反省してもらいたいと思います。


Created byStaff. Created on 2005-04-26 11:38:10 / Last modified on 2005-09-05 03:00:24 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について