本文の先頭へ
LNJ Logo 申込み オンライン 2037年気候中立〜バーゼル・シュタット準州の気候・エネルギー政策を聞く(6/28 18:00〜 Zoom)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1715328697133ma...
Status: published
View


2024/06/28 申込み オンライン 2037年気候中立〜バーゼル・シュタット準州の気候・エネルギー政策を聞く(6/28 18:00〜 Zoom)

案内→https://x.gd/4glIG

 バーゼル・シュタット準州は、スイス北部の人口20万人の経済や産業の盛んな都市圏です。
 1970年代に原発不使用を決めて以来、欧州でも最も先進的なエネルギー政策を打ち出し続け、省エネ・再エネ拡張に取り組んできました。
 電力については100%再生可能エネルギーによる供給が行われています。
 2022年には住民投票により2037年に気候中立を達成する事が決定されました。
 本講演では、あと13年でどのように脱オイル・脱ガスを達成するのか、環境エネルギー局長のマティアス・ナブホルツさんに、現状、戦略や課題について現場の声をお聞きします。

2037年気候中立〜バーゼル・シュタット準州の気候・エネルギー政策を聞く
日 時:2024年6月28日(金)18:00〜19:30
形 式:オンライン(Zoom)
参加費:無料
定 員:500名
共 催:スイス‐日本サステナビリティ交流ウェビナー実行委員会(SJS)
    気候ネットワーク(https://kikonet.org/
※このウェビナーは、2024年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

申し込み→https://x.gd/jaKE9
※ZoomのURLはメールにてお知らせします。

プログラム
1.講演
  講師:マティアス・ナブホルツさん(バーゼル・シュタット準州環境エネルギー局長)
  逐次通訳:滝川薫さん(スイス‐日本サステナビリティ交流ウェビナー実行委員会)
2.質疑応答
  豊田陽介さん(気候ネットワーク)

マティアス・ナブホルツさん
 バーゼル生まれ。
 スイス連邦工科大学チューリッヒ校で環境自然科学を修める。
 スイスで様々な職を経験した後、2006〜14年に南米でスイス連邦による開発援助に携わる。
 この時期に、主に開発途上国や新興国の40以上の都市で環境・エネルギーのコンサルタントを行う。
 2014年からバーゼル・シュタット準州の環境エネルギー局を率いる。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について