本文の先頭へ
LNJ Logo 民主主義 vs 専制主義? NATOとウクライナ「戦争」 予約制 たんぽぽ舎
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1712410667388st...
Status: published
View


2024/05/27 民主主義 vs 専制主義? NATOとウクライナ「戦争」 予約制 たんぽぽ舎

投稿者: 渡辺マリ

       民主主義S専制主義?
       NATOとウクライナ「戦争」

 5月27日(月) 19:00〜21:00  
 お話:金性済さん(日韓和解と平和プラットフォーム)
 スペースたんぽぽ:千代田区神田三崎町3−1−1高橋セーフビル1階
 主催:たんぽぽ舎 参加費:800円
 電話:03−3238−9035
 メール:tanpopo3238@yahoo.co.jp

〇 2022年、ロシア軍がウクライナに侵攻。「戦争」の勃発と同時に始まっ
  た米欧メディアによって
     英雄ゼレンスキーS悪魔のプーチン の構図が完成

 〇 NATOは1949年にソ連に対する「反共封じ込め」を目的として結成された
  軍事同盟。遅れてこれに対抗する軍事同盟として結成されたのがWTO(ワ
  ルシャワ条約機構)だ。
  冷戦の終結によりWTOは消滅。その一方でNATOは残った。

 〇 そして東方へ拡大した
  ロシアのウクライナ侵攻を引き起こした一因は、ウクライナまで迫る米主
  導のNATOの脅威であることは否定できない。

 〇 学習会は、ウクライナ「戦争」を歴史的文脈の中で考える。
   米欧の言う、この戦争は「民主主義」S「専制主義」なのか?
   この「戦争」は本当に避けられなかったのか?
   正義は米国(西側)にあり、ロシアは邪悪?

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について