本文の先頭へ
LNJ Logo 小林たかしの談話室・第20回
Home 検索
 


第20回・「戦争は悪」と決めつけてはいけないの、石原知事?

●さ お り◎「死の町」発言で鉢呂経産相が辞任したけれど、石原知事は「地獄絵図だった」といってもマスコミは騒がなかったし、辞任しなかったわね。不公平じゃない?

★オッチャン◇石原は、自分の本のサブタイトルに「我欲と天罰」とつけるくらいの鉄面皮だからね。2日の定例記者会見でも「戦争に対する史観というものを最初から悪と決めつけ、日本がやってきた戦争を悪だから、すべて日本の歴史は間違ったというような決めつけ方は、私は絶対に反対です、許せないと思う」っていっていたよ。

●さ お り◎なんでも決めつけはいけないけれど、戦争は悪と決めつけてもいいと思うわ。

★オッチャン◇そう、かつて正義の戦争・不正義の戦争という論議があったけれど、それは戦争を仕掛けた連中の言い訳でしかない。アフガニスタンやイラクを侵略したアメリカの戦争は、その現代版だ。石原の談話は、8月に北京で開かれた「東京−北京フォーラム」での蓮舫行政刷新担当大臣の発言についての感想だったんだ。

●さ お り◎へー、蓮舫さんはどんな発言をしたの?

★オッチャン◇蓮舫は、日本の若者が「日本はアメリカには負けたけど中国には負けていない」と主張しているがどう思うか? という会場からの質問にたいする答えだった。彼女の意見は「そうした主張はごく少数の、偏狭なナショナリズムを持った人の発言だが、残念ながら大きく報道されてしまって、それがすべて日本人の意見だという印象をもたらしてしまった。わたしたちは近現代史を教育の場できっちり教えるべきです」というものだった。

●さ お り◎蓮舫大臣の発言はまっとうだと思うわ。でもそれ、煮ても焼いても食えないような石原知事が賛成したの?

★オッチャン◇石原は、記者の質問を早とちりして「蓮舫もたまにいいこと言うじゃないか」などとトンチンカンだっただけなんだ。彼は、いまの教育現場の戦争史観をすぐにでもつぶしたいんだ。だから、あいかわらずの自説をまくし立てていたよ。日本が戦争したおかげでエジプトもインドネシアも独立できた、なんてことを平気でいっていた。そのくせ、中国や朝鮮への侵略にはふれようともしないんだ。それと、菅元首相が退陣間際に、みんなが反対していた朝鮮学校の無償化停止を審査再開するよう文部科学大臣に指示しただろう?

●さ お り◎菅首相もやるんじゃないって思ったわ。

★オッチャン◇それを石原は、「菅は言語道断だ……絶対許せない」と息巻いていた。「菅という人間は一体どこの人間かと思うぐらい、彼の金銭の関係で、北朝鮮系の連中との関わりを見ても、あんなに怪しい政治家が総理大臣になったというのは、私は驚きだね」といったデマゴギーを公然といってはばからない。

●さ お り◎煮ても焼いても食えないヤツね。そういえばNHK・Eテレの「さかのぼり日本史」をみたけれど、加藤陽子東大教授っているでしょ、彼女が解説者だったの。彼女は、いわゆる「満州事変」で、「大元帥である天皇が軍をとめられないパターンができた。このパターンがそれにつづく長い戦争をとめられない事態を招いた」といって、昭和天皇の戦争責任を免罪していたの。これって、歴史を単純化した戦争肯定論にならない?

★オッチャン◇そうそう。野田首相はじめ民主党にもたくさんいる侵略戦争を肯定する勢力に、こうした戦争史観の歪曲が利用されてしまうのは目にみえている。しかし、あの番組で救いだったのは、「満州移民」だった老人の話だった。「開拓とは名ばかりで、実際は昔から住んでいた中国の農民を国と軍の力で強制的に追い払ったんだ。大きな誤りだった」とね。

●さ お り◎そうだったわ。あの老人は生き証人よね。やっぱり自分の目でみてきた人の見方が正しいと思う。

【2011/09/14 通算24回目/転載・引用・援用など、すべて自由】


Created bystaff01. Created on 2011-09-15 12:21:45 / Last modified on 2011-09-15 12:24:11 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について