本文の先頭へ
LNJ Logo 小林たかしの談話室・第8回
Home 検索
 


第8回・「伝統文化」のウサン臭さ

●さ お り◎ オッチャン、最近「大相撲に怒りと失望」とか「国技の看板泥まみれ」とか「八百長もおおらかに」とか、連日、大騒ぎね。

★オッチャン◇ う〜ん、諸説紛々だけど、新聞の投書欄にこんなのがあった。「相撲は、農耕民族である日本人が、豊作を祈願した神事だったのだから、スポーツにするのは無理。神の前での『ひとり相撲』などは、伝統的な決められた形だ」と。それを読んで思いだしたんだが、かなり前の新聞の投書欄に、「文化遺産的な視点から、世界に一つしかないユニークな天皇制という制度を、愛情を持って後世に引き継ぐべき」なんていうのがあってびっくりしたなあ。

●さ お り◎ 戦後の天皇制は「文化遺産」じゃなくて「負の遺産」でしょ、「愛情を持って後世に引き継ぐ」じゃなくて、自己批判して廃止しなければいけないのにね……。石原都知事が記者会見で、「(八百長は)昔から当たりまえ……だまされてみて楽しんでいればいい……。(大相撲が)日本の伝統文化の神髄である国技だって言うのは、ちゃんちゃらおかしい」と語ってたわ。

★オッチャン◇ へー。石原のいう「日本の伝統文化の神髄」がなんなのか分からんけど、「伝統文化」なんていうのは、どうもウサン臭くていやだね。

●さ お り◎ 「伝統文化」のウサン臭さってどんなん?

★オッチャン◇ いろいろあると思うけど、相撲だったら女性を土俵に上げさせないとか、歌舞伎などの世襲制とか、いまでも封建的な関係が支配している世界を、その世界の人たちはもちろん、それを観ている民衆も、それを当たりまえのことと考えている。もし批判したりすると、「伝統文化」を理解しないヘソ曲がり、と非国民あつかいされてしまう。「万世一系」の天皇制は、「伝統文化」の最たるものだよ。この天皇制イデオロギーという、偽善的な家族主義的共同体意識を、政治家や学者やジャーナリストたちがマスメディアを使って、わたしたちの頭に植え付けようとしている。領土問題もナショナリズムをあおる格好の材料だけど、日常的に天皇制イデオロギーにさらされている民衆は、「伝統文化」をありがたがって、大切に守っていこうと、天皇制を下から支えてしまっているんだ。

●さ お り◎ 不況が長引いて、高度成長期にはなかった「倹約」とか「献身」とかが復活しているんでしょ?「もったいない」なんて言葉もそうだと思うし、「勤勉」や「孝行」や「忍従」……「服従」なんかも、日本人の“美徳”を表す言葉として復活するんじゃない? だから、不況で失業して貧乏になっても、失業した人が「勤勉」でなかったからとか、つらい仕事に「忍従」できなかったからとか、間違った「生活規範」が「通念」となってしまう可能性もあるかも……。と考えちゃうと怖いなあ。

★オッチャン◇ そうだね、それも「国民主義」ってのを強化する大きな要素だね。一般の民衆が、封建的な天皇制を頂点とした「伝統文化」を支えることで、これまでの支配秩序を保とうとしているのが、いまの為政者たちなんじゃないかな。そんな構造のなかで生きる民衆は、ちっとも自立した「国民」でなく、君主制国家の「臣民」に近いものだ。その「国民主義」に凝り固まった「臣民」は、こんどは「排外主義」者となってアジア諸国の人たちを敵視するようになる。いや、もう反中国や反ロシアといった排外主義に犯されてしまっている人がたくさんいるのが現実だね。

●さ お り◎ 「臣民」になんかはなりたくないわ。リンカーンの有名なゲティスバーグ演説の「人民」にはなりたいけど。オッチャン、君主制の反対は共和制でいいの?

★オッチャン◇ 明治時代の初期に、英語の「リパブリック」を「共和国」と訳したけれど、東洋のルソーと呼ばれた中江兆民は、むしろ「自治之国」とすべきだと説いたらしい。それは、真の共和政治は地域住民の「自治」から始まるという理由でね。だからかどうか知らないけれど、戊辰戦争のあと北海道の箱館にたてこもった榎本武揚は、自分の夢を、「エゾ共和国」とか「エゾ自治州」と名付けていたんだ。そんな榎本にくらべると、司馬遼太郎がもちあげる坂本竜馬はひどい。彼の有名な『船中八策』の第一条は、「天下ノ政権ヲ朝廷ニ奉還セシメ……」と、新政権を「朝廷」としているんだからね。

●さ お り◎ ええっ!。「朝廷」じゃ民衆は「人民」や「国民」でなく、君主制国家の民衆とおなじ「臣民」だね。坂本龍馬って意外と古いのね。

【2011/02/16 通算12回目/転載・引用・援用など、すべて自由】


Created bystaff01. Created on 2011-02-17 15:33:52 / Last modified on 2011-02-18 19:06:59 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について