本文の先頭へ
LNJ Logo 仲間を返せ! 国際キャンペーン
Home 検索
 


仲間を返せ! 国際キャンペーン

2005年12月18日、香港WTOに抗議してコンベンションセンター前で座り込みを行った抗議者たちに対して 香港政府および警察は「香港市民以外を全員連行」するという暴挙を行った。 連行された1158人のほとんどは19日から20日にかけて無嫌疑釈放されたが、 14人の韓国、日本、台湾、そして中国の仲間は、「不法集会」を理由として拘束された。

1月11日の裁判では、世界中からの圧倒的な支援により、 14人のうち日本人1人を含む11人は不起訴となり、釈放された。 韓国の3人は有罪として起訴されることになったが、3人は罪状を否定し、正式な裁判に持ち込まれることになった。

残る3人への支援行動については、現在は検討中である。 多くの方の支援に感謝し、ひとまず国際支援キャンペーンのサイトを閉じることにさせていただきたい。

レイバーネットの関連記事一覧


このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について