本文の先頭へ
LNJ Logo フィリピントヨタ労組エド委員長の訪日闘争報告
Home 検索
 


 

2006年6月・7月反トヨタ世界キャンペーン第一波 日本行動報告

日本の多国籍企業トヨタに対し、TMPCWAは日本にて抗議行動を行う

                                                 2006年7月21日
                           TMPCWA 委員長 エド・クベロ

 

TMPCWA委員長のエド・クベロと副委員長ウェネシト・アルヘルが、トヨタに対する抗議行動を実施するために「支援する会」の招きで日本を訪れた。これはIMFが打ち上げた反トヨタグローバルキャンペーンの一環として支援する会とTMPCWAによる行動が実現したものであり、TMPCWAを勝利とした最高裁判決に従わずTMPCWAとの交渉を拒否し続けるトヨタを糾弾するものである。今回の行動においてはトヨタ本社に対しILOによる4勧告‐1)136人の不当に解雇されたTMPCWA組合員および執行委員の復職、2)18人の組合員および執行委員に対するでっちあげ刑事事件の取り下げ、3)TMPCWAをトヨタ社の一般従業員による唯一の団体交渉権を持つ組合として認めること、4)長い間実施されていないCBA(労使協議)を開始すること−を尊重するよう強く求めた。

 

日本においてエド・クベロとウェネシト・アルヘルは数多くの集会に参加し、フィリピンにおいてトヨタが労働者に対しどのようなことを行っているのか、それを日本の人々から如何に隠し続けているのかを知らせてまわった。日本の多くの組織がTMPCWAへの支援を表明してくれ、717日のトヨタ本社前行動においては数多くの人々が参加してくれた。

 

東京、神奈川、愛知、大阪、そして大宮市において開催された集会は全て成功に終わり、出席した各組織は自分達の今後の活動としてTMPCWAのために大規模な抗議行動を打ち上げ、フィリピントヨタに働く労働者とTMPCWAが長く抱えている労働問題をより多くの日本の人々に広め、TMPCWAに対する継続的な支援を行うことを約束してくれた。

 

反トヨタキャンペーンは現在、フィリピントヨタ経営陣、トヨタ本社、そしてトヨタ経営陣の息がかかる御用組合に有利な判決を出したフィリピン政府・労働雇用省に対し抗議のEメールを送り続けている。

 

2006722日にはTMPCWA組合員の一人が、オーストラリア金属労働組合(AMWU)の招きでオーストラリアに渡る。これはIMFによる反トヨタグローバルキャンペーンの一環としてオーストラリアが支援を表明し実現したものである。

 

TMPCWAとその国際的支援組織の全ては、トヨタによるフィリピンでの反組合活動を糾弾していくために、今後更に多くの抗議行動が起こることを期待している。

TMPCWAに対する支持と支援を。そして抗議の手紙の送付を。

国際的団結、万歳。

 

より詳しい情報をお探しの方は、IMFのウェブサイト、および日本レーバーネットのウェブサイトをご覧ください。

抗議メール送信・日本語サイト

抗議メール送信・英語サイト

http://www.labornetjp.org/Campaign/2006/toyota_eng/protest200607_html

http://www.labornetjp.org/

http://www.imfmetal.org/main/index.cfm?id=47&l=2&cid=13914

 

 

 ----------------------------------------------------------------

 

【原文】

 

TMPCWA Protest Action in Japan Against Multi-national Toyota Motor Corporation!

 

Ed Cubelo the Union President of TMPCWA and Wenecito Urgel, the Union Vice President visits Japan. They invited by the Support Group for TMPCWA in Japan to launch protest-action against Toyota. This joint activity of the Support Group for TMPCWA and TMPCWA is in the line with the global campaign of the International Metalworkers Federation – IMF in its global campaign against Toyota by not following the decision of the Supreme Court of the Philippines in Favor to TMPCWA and in connection to the continuous refusal of Philippine Toyota to sit into negotiation together with the union of TMPCWA. This campaign is also to urged Toyota Motor Corporation Headquarters to respect the International Labor Organization in its four recommendation in favor for TMPCWA, that is; 1) The reinstatement of the 136 illegally dismissed members and all the Officers of TMPCWA ; 2) The withdrawal of the fabricated criminal case against 18 Union members and officers; 3) The recognition of TMPCWA as the one and only sole exclusive bargaining agent of all the rank and file workers in Toyota; and 4) The start of Collective Bargaining Agreement that is long hanging.

 

Ed Cubelo and Wenecito Urgel attended many gatherings informing the Japanese people of what Toyota did to its workers but continuously hiding it in the people in Japan. Many Japanese Organizations warmly support the TMPCWA actions and joined in picket-actions in Front of the Toyota Headquarters in Aichi last July 17, 2006.

 

The Big gatherings and meetings in Tokyo, Kanagawa Yokohama City, Osaka, and Omiya City is very successful and all delegates promised to help and support the TMPCWA and to launch massive protest action in Japan as their future activities and will help to nationalize the very long labor problems of Philippine Toyota workers and the TMPCWA.

 

The Protest-Toyota Campaign is now circulating protest-letter to the Philippine Toyota management, Toyota Headquarters in Japan and the Department of Labor and Employment in The Philippines for releasing the one-sided decision favoring the yellow union sponsored by the Philippine Toyota management.

 

On July 22, 2006, another member of TMPCWA is going to Australia by the Support of Australian Metal Workers Union – AMWU. This support is the action of Australian workers in connection with the global campaign of the IMF against Toyota.

 

TMPCWA and all support organization internationally expecting more actions in the coming days to condemn Toyota to its anti-union activity in the Philippines.

 

HELP AND SUPPORT THE TMPCWA STRUGGLE AND REGISTERED YOUR LETTER OF PROTEST.

 

LONG LIVE INTERNATIONAL SOLIDARITY!

 

For additional information please visit the website of the International Metalworkers Federation – IMF and the Labor Net – Japan;

 

http://www.labornetjp.org/Campaign/2006/toyota_eng/protest200607_html

http://www.labornetjp.org/

http://www.imfmetal.org/main/index.cfm?id=47&l=2&cid=13914

 

 

 


Created by iseki-kaihatu and Staff. Last modified on 2006-07-26 00:25:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について