本文の先頭へ
LNJ Logo 「異議あり!日韓FТA」キャンペーンが声明〜入管に抗議の声を!
Home 検索
 


日向です。G8対抗アクションへの韓国からの参加者に対する入国禁止、逮捕という重大な人権侵害に対し日韓民衆連帯全国ネットワーク、「異議あり!日韓FТA」キャンペーンでは次のような抗議声明を出しました。ご協力お願いします。

――――――――――――――――――――――
抗 議 声 明

 国際民衆フォーラムなどG8対抗アクションに参加しようとした韓国・民主労総、全農、社会団体などのメンバーが、千歳空港などで日本の入管当局によって長時間の取調べを受けて、足止めをくらい、結局は入国を拒否され、また、これに抗議した民主労総幹部が逮捕されるという、極めて重大な人権侵害が行われています。
 私たちは、この全く不当な入国拒否という弾圧に強く抗議します。
入管当局は、「過去の経歴」などを理由に入国拒否しています。「過去の経歴」とは「香港でのWTO反対闘争に参加したことがあるか」などであり、またG8に対する立場を問いただしてきてもいます。
まさにこれは、日・韓の公安・入管当局が、緊密に情報交換・連絡をし、一体となってG8サミットの対抗アクションを妨害し、つぶそうとする弾圧です。
 ご存知のように韓国の労働・農民・社会・市民団体は、メキシコ・カンクンWTОから始まって、香港WTОなどグローバリゼーションの節目節目に世界の民衆運動をリードしてきました。G8サミットによって利益を得る政府当局、多国籍資本と財界は、こうした威力ある韓国の社会市民運動を恐れ、自分たちを妨害する者であり運動であるとして意図的に弾圧を加えたものにほかなりません。
 今回、民主労総は、私たちの日本の仲間とともに政府間交渉が再開されようとしている日韓FТAに対して、どのように対応したらよいのかを討論する戦略会議を幅広く呼びかけ行う計画でした。したがって今回の弾圧は日韓FTA反対運動に対する弾圧でもあります。

 以上の点から私たちは、今回の入国拒否・逮捕・重大人権侵害に対して、厳重に抗議し入管当局をはじめとした下記の所へ集中して抗議されることを呼びかけます。

(なお釈放の要請については逮捕された方が、「引き続き検察による10日間の拘留延長が決まるか」、今日明日で決まるとのことですので、電話が通じなければ土日のあいだにFAXやメールで対応いただければ幸いです。)

2008年7月5日
★「異議あり!日韓FТA」キャンペーン
連絡先:日韓民衆連帯全国ネットワーク気付
東京都文京区小石川1-1-10-105 /fax03-5684-0194
:全統一労働組合気付
東京都台東区上野1-1-12新広小路ビル5F 03-3836-0061 fax03-3836-0077
★日韓民衆連帯全国ネットワーク
東京都文京区小石川1-1-10-105 /fax03-5684-0194

<抗議先>
●札幌入国管理局  〒060-0042 札幌市中央区大通り西12丁目 札幌第三合同庁舎
総務課(総務・人事・会計等)011-261-7502、011-281-0631(FAX)
審査部門(在留審査一般)011-261-9658 
警備部門(退去強制業務)011-261-1270
(受付時間)
9時〜12時、13時〜16時  (土・日曜日,休日を除く)
但し,札幌入国管理局審査部門は
(受付時間) 9時〜16時 (土・日曜日,休日を除く) 
●札幌入国管理局 千歳苫小牧出張所
〒066-0012 北海道千歳市美美新千歳空港 国際線旅客ターミナルビル
 0123-24-6439 0123-45-2067(FAX)

●北海道警察
〒060−8520 札幌市中央区北2条西7丁目
011−251−0110(代表)
担当 北海道警察本部サミット対策課/北海道本部総務部 留置管理課琴似留置場

道警へ直接入力する意見フォームhttps://www.police.pref.hokkaido.jp/consult/soud
an/request/request.html



Created by staff01. Last modified on 2008-07-05 12:06:19 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について