本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : 1・30格差是正と、派遣法改正を実現する院内集会
Home 検索
 


1・30格差是正と、派遣法改正を実現する院内集会                                  報告 by 大地実

希望の持てる働き方を今こそ!「1・30格差是正と、派遣法 改正を実現する院内集会」と題した、労組や与野党の代表らが 参加した労働者派遣法の抜本改正を求める集会が1月30日、 参院議員会館で12時から2時間ほど開かれた。参加者は19 0人で、廊下まであふれるほどの盛況であった。

 司会は鴨桃代・全国ユニオン会長が行った。与野党17人の国会議員(詳細は後日追記する予定)も出席した。政府が改正案提出を見送ったもとで、「貧因・格差是正に取り組まない政府・政治家は要らない!」という草の根の世論だんだんと強まってきた証であろう。


    安倍誠全国ユニオン事務局長の開会の挨拶の後、「現局面に おける問題点と私たちの見解」として主催者を報告した派遣ユ ニオンの関根秀一郎書記長は、「グッドウィルの事業停止は当 然だが、そこで働いていた労働者は仕事がなくなり、生活破た んに追い込まれている。早急な対策が必要だ。」と指摘、また 、専門業務に限定し、常用型派遣を原則とすることなど派遣法 の抜本改正が必要だと述べた。    その後、各党・参加国会議員からの挨拶があり、日本労働弁 護団の提言を小島秀一同弁護団幹事長が行い、労働界からの発 言(全労連、全労協が発言。連合は今回欠席)があり、毛塚勝 利中央大学教授が研究者からの立場から提言し、再度途中から 参加した国会議員の挨拶があり、閉会の挨拶は小谷野毅(全日 本建設運輸連帯労組書記長)がした。

 各党・各団体から改正案(内容は後日追記する予定)が紹介 され、「連帯して改正を実現させよう」「今国会で派遣法改正 の流れをつくろう」との意見が相次いだ。

 この院内集会は、全日建(電話03−5820−0868) 、全国ユニオン(電話03−5371−5202)などでつく る「格差是正と派遣法改正を実現する連絡会」が主催した。

 マスコミも若干が来ていたが、果たして報道するのだろうか 、するとしてもどのような報道をするのだろうか。底の浅い報 道ではさほど意味はないのだが…。


Created by staff01. Last modified on 2008-01-31 21:04:03 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について