本文の先頭へ
LNJ Logo ユーモアとウイットで都教委を糾弾〜土肥校長を支援する集会 詳細報告
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0927hokoku2
Status: published
View


東京都教育委員会は06年4月、職員会議で挙手などによる採決を禁じた通達を出した。これによって教員は自由な討論ができず、学校の活性化も失われると批判した都立三鷹高校土肥信雄校長を支援する集会が27日夜、都内で開かれた。

会場となった吉祥寺の武蔵野公会堂では、350人の参加者が通路まで埋めつくし、ホールに入りきれない400人の人々が場外で待機した(主催者発表)。土肥校長を支援する多くの人々が開場前から長蛇の列をつくり、メディアも多数取材に訪れた。

■先生に子どもを預けてよかった

「学校に言論の自由を求めて!」と呼びかけたのは、教育問題にかかわる学者、評論家、知識人ら17人。「保護者&市民の会」が主催した。教育評論家の尾木直樹さんは「(一連の事件は)常識の問題で、まったく恥ずかしい。『言論の自由』というレベルの話ではない。信じられないとんでもないことが今、教育現場で起きている。表現の自由と民主主義を守るために、みなさんと一緒に考えたい」とアピール。

保護者の女性は、「土肥先生を応援したい。人間としてえらいと思う。先生を孤立させてはならないと、メールで応援を募った。多くの人がメッセージを寄せてくれた。大人気の先生だ。こういう人に子どもを預けてよかった」と話した。

同高校を卒業した大学生は、「土肥先生は学校のトップでありながら、しょっちゅう現場に出向き、生徒と触れ合った。現場のことをよく知っていた。僕の名前もすぐに覚えて、100m先から手を振って大声で呼んでくれた」と、うれしそうに高校時代を振り返った。

PTAで活動していた女性は文化祭のエピソードを披露。「終わった後の片づけがすばやかった。楽しさと同時に生徒の自主性が育てられた。子どもたちとの直接の対話で合意を作っていった。通達を撤回させるまで先生の闘いを応援したい」と結んだ。

■土肥校長による経過報告

土肥校長が舞台に登場。土肥さんが厳しく批判してきたのは、

06年4月に都教委が出した通達=都立校の職員会議における挙手、採決等による決定の禁止

同氏への言論弾圧=匿名者の内務告発により、土肥氏が 06年「東京地裁9・21判決」を喜んだことや、都教委委員の米長氏を批判したこと

J顕什廚砲ける生徒掲示物問題=3年前の校長会の席上、教育庁が「ある学校の文化祭の見学者から、生徒による掲示物の内容が一方 的だ、との指摘があった。校長は十分注意してほしい」と発言。これに対し土肥校長は、「それは検閲にあたる恐れがある。展示内容が事実と違っていたり、明らかに差別的であれば訂正するが、それ以外のさまざまな意見と同様に、生徒の意見も尊重すべきである」と答え、教育庁が校長会で公然と校長を「指導」したことを批判した。

ざ軌藐Φ羃颪砲ける教員原稿の差し替え問題=執筆教員による他誌掲載の論文が「リベラル」であるとして、教育庁によって当人の無関係の文書まで差し替えられた問題

ザ叛喇床舛悗硫霪問題=本来校長の権限による「絶対評価」であるはずの教員の業績評価について、都教委が「C、D評価を何%以上に」と「相対評価」を強要した問題

土肥校長は昨年11月の校長会で前述の「挙手禁止」撤回を求め、今年7月、都教委に対し公開討論を申し入れた。9月には「業績相対評価」について、実施要綱に基づかない指導であると内部告発を行なった。

土肥校長はとにかく明るく快活な人柄だ。「私は日本が大好き。ただし平和な日本ですよ」。「運動には処分や異動というリスクはあります。でも大丈夫。こんなに仲間がいるんですから。いまは勇気百倍です」。ユーモアとウイットに富んだ闘いの経過報告で、都教委・教育庁の矛盾だらけの対応を糾弾した。

■なぜ教育現場が変わったのか

岡本厚さん(「世界」編集長)の司会でシンポジウムが始まった。漫画家の石坂啓さんは「正義の味方(土肥さん)がいて、悪役(都教委)がいる。面白い漫画が書けそうだ」と前置きし、大きく様変わりした卒入学式の光景を紹介。いかに不起立で君が代斉唱を拒否するかを連想した。

西原博史さん(早稲田大学教授・憲法学)は、「強化される管理統制教育で、教育現場が劇的に変わっている。だが生徒も親たちも、この変化の理由がわからない。それを誰に相談していいかもわからない。それが説明されないことがおかしい、と思うことすらままならない」と、教育問題の難しさ、事態の深刻さを指摘。そのうえで「都教委の横暴を許しているのはわれわれ都民なのだ。都教委にはきちんと説明責任を果たしてもらうべきだ」と強調した。

藤田英典さん(国際基督教大学教授)は、「論評のしようがない。東京の教育の非常識が全国に垂れ流されている。教育に業績評価はなじまない」と述べた。

■「言論の自由」がすべてだ

尾木さんは、「戦前ではない。これが首都東京の現代の話なのか。私たちが気を許していると、こういうことがどこでも起きる。教委の一人一人はいい人で本来優秀な人材も多いはず。だが、組織として特別な集団になってしまう」。「主人公はあくまで都民である。一連のできごとを都民に知らせ、教員や校長が都教委を監視・評価していく行動、運動をやっていく」と力を込めた。

 土肥校長は「過去の歴史を見ても、言論の自由のない組織や社会、国家は崩壊する。言論の自由がすべて。特に子どもたちにとってはなおさらだ」と断言。

司会の岡部さんは、「土肥さんの主張を広げていこう。絶対に孤立させてはならない」と締めくくった。(T・横山)

土肥さんの訴え(動画 UnionTube)


Created by staff01. Last modified on 2008-09-29 20:56:11 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について