本文の先頭へ
LNJ Logo 人らしくフェスタレポート
Home 検索
 


海樹です

『人らしくフェスティバル』開催

“リストラも事故もイヤだ!今JR民営化を問う『人らしくフェスティバル』”が、東 京・墨田区の「すみだリバーサイドホール」で開催された。生田卍、田中哲朗、盧佳 世、立山学、鎌田慧、中山千夏、矢野敏広、マーク・グレゴリー、神田香織、趙博の 各氏をゲストに迎え、歌あり、ビデオあり、トークありの4時間を過ごした。

 ビデオ上映は、9月8日に中野ゼロで試写会が行われる『レールは警告する』の先 行上映で、亀裂の入ったレールが生々しく映し出された。会場参加者は、亀裂の入っ たレールを目の当たりにし、衝撃を受けていた。

 トークでは、「何でも“お金”の社会は人間を分断してしまう。極端な話し、病院 で隣のベッドの人が落っこちて苦しんでいたとしても、(看護士の)会社が違えば、 『うちの会社ではないので』と助けもしないでいってしまうことが起きうる」。「台 所はお金にならない。男はお金にならない台所には入り込んでこない。だから男はだ めになる(お金になる社会ばかりにいるから人間性がより分断されてしまう)。金に ならない台所(人間が分断されないところ)を突破口にして(人らしく)いきた い」。「闘争をしている時が一番事故が少なくて安全だった。無理な回復運転はしな いという協定もあった。組合は経営から独立していなければならない」「抵抗なくし て安全はない。抵抗組織が無くなると必ず事故が起きてきた。三池炭坑でもそうだっ た」などといった発言が相次いで出た。

 また、中山千夏氏が、国家を叱る歌、『こ?ら国家』を紹介し、「こ?ら国家!皆で 叱ろう!こら!国家!」と自ら歌唱し(写真上)、会場を沸かせた。

 鉄建公団訴訟は9月15日に判決が出される(東京地裁民事36部、103号法 廷、13時30分、裁判長・難波孝一)。この裁判の判決は、当事者にとって重大な 意味を持つ裁判であるばかりでなく、今後の日本社会の将来を揺るがしかねない重要 な意味を内包した裁判でもある。9・11選挙とあわせ、判決の行方が注目される。

cubacomm@mail4.alpha-net.ne.jp Mori Miki 杜 海樹(片柳悦正)


Created byStaff. Created on 2005-08-29 11:20:09 / Last modified on 2005-09-08 06:17:40 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について