本文の先頭へ
LNJ Logo 例会感想〜小さな尼崎事故
Home 検索
 


松原です。

例会の感想はいろいろありますが、ここではひとつだけ。 ディスカッションのなかで、元フリーターで100円ショップで働いた経験のあるMさ んが以下のエピソードを紹介しました。

「100円ショップでは夜中の0時〜1時の間に、納品のトラックが毎日来ることになっ ているが、あるとき1時に間に合わず延着してしまった。そしたらその運転手はあ せったのか、パニックになってしまい、荷物を道路にぶちまけてしまった。道路は 通行止めになるし、片づけの仕事で大変な状態になってしまった」

というもの。私はこの話を聞いてこれは「小さな尼崎事故」だと思った。ジャスト インタイムで管理されている労働者は、たえずストレスを抱え、ひとつ間違えると 大事故を起こしてしまう。

こういう働き方をさせられている人が、いま日本には蔓延している。規制緩和・民 営化はそれをもたらし促進しているわけだが、こうした実態をいろんな形で訴えて いくことが大切だと思った。

またディスカッションの中でも出されたが、「24時間店が空いていることは便利で いい」といった「消費者感覚」を刷り込まれている私たちの認識も考え直す必要が あるだろう。


Created byStaff. Created on 2005-08-24 11:22:46 / Last modified on 2005-09-08 06:19:40 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について