本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:密陽衝突二日目、ヘリコプターで資材運搬
Home 検索
 


密陽衝突二日目、ヘリコプターで資材運搬...夜中に抗議デモ

住民5人負傷、7人連行...ヘリコプターでショベルカー運搬予定

密陽=キム・ヨンウク 2013.10.03 12:01

密陽送電塔工事再開二日目の10月3日、工事現場で住民と警察の激しい衝突が続いている。

昨夜、韓電が徹夜作業を始め、住民と脱核希望バスの参加者など約150人も 工事を阻止するため、3か所の現場で野宿して阻止闘争を続けた。

10月3日午前、警察は5か所の工事現場に3千人の兵力を投入し、住民による工事 阻止を防ぎ、あちこちで衝突が発生した。

▲金谷面4工区現場事務所前での対峙状況

韓電側は、工事作業員など約150人を動員して、送電塔4工区現場事務所(丹場面 ミチョン里)へと資材をヘリコプターで運んでいる。3日午前だけで6回以上ヘリ コプターが離陸し、工事資材を積み出した。

50人ほどの住民は、ヘリコプターが飛ぶと4工区前の車道で横たわり、20分間 デモをした。10時頃、またヘリコプターが来たため、社会団体会員と学生など 6人が4工区現場事務所のフェンスを越えてヘリコプターでの輸送中断を要求 してデモを行ったが、全員が連行され密陽警察署に移送された。

午前9時30分から4工区現場事務所反対側にある住民対策委の竪穴を撤去するた めの行政代執行が始まった。この竪穴は、住民がヘリコプターを監視して会議 などをする場所だ。

あるおばあさんは「警察署長さん、私たちの邪魔をせず、ヘリコプターを防い で下さい」とし、警官たちに最敬礼をし続けた。「私はポラ村でエゴマの葉を 作っています。私たちを助けて下さい」と泣き叫び、疲れて倒れることもした。

竪穴の撤去について民主党のムン・ジョンソン密陽市議員は「工事に支障がな いのに、住民に工事の強行意志を象徴的に見せ、住民の意欲を失わせる意図」 と非難した。

上東面ヨス村にある126番鉄塔の工事現場では、午前7時頃に警察が焚き火と水 を沸かすバーナーに消火器を噴霧し、衝突が起きた。126番鉄塔は、フェンスが 完成して整地作業は仕上げ段階に入っている。

二日間の衝突で住民負傷者が5人が発生し、密陽地域病院に入院した。

一方、126番工事現場で3日間ハンストをしている上東面のキム・ヨンジャ総務 (58歳)が呼吸困難と健康悪化により救急車で緊急搬送された。二日間の衝突で 疲れ、急激に低下した気温のため二日間の野宿で健康が悪化した。

シン・ナンスク、ソン・ウンヒ、キム・ヨンジャ氏とクモのパク・チョンギュ 里長の住民4人は、工事現場の前で3日間ハンストを進めている。また、ソウル 市庁広場でも韓電の送電塔工事再開に反対してチョ・ソンジェ神父など3人も ハンストを続けている。

韓電側は、午後にヘリコプターで大型ショベルカーを現場に投入する予定だ。 工事を阻止するために、蔚山と慶州など慶尚南道地域の労働者が続々と合流 しており、4日には密陽希望バスが出発し、この日の晩に合流する予定だ。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2013-10-03 19:04:56 / Last modified on 2013-12-17 09:50:09 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について