本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:サイバー危機管理法、国家情報院の議論が拡大
Home 検索
 


サイバー危機管理法、国家情報院コントロールタワーの議論が拡大

民主、「国家情報院の不法査察に翼を付けるようなもの」

キム・ヨンウク記者 2013.03.29 16:35

セヌリ党が国家情報院をコントロールタワーとする国家サイバー危機管理法の 制定案を進めていることに、民主統合党が強く反発している。国家情報院にオ ンラインまで日常的に監視できるようにするということだ。

民主統合党の文炳浩(ムン・ビョンホ)非対委員は3月29日の非常対策委会議で 「国家サイバー危機管理法は、国家情報院がオンラインの個人情報を監視する 根拠を与える法」とし「こうなれば、国民はオンラインでの軽い政府批判にも 顔色を伺わなければならない。国民監視法になりかねない」と反論した。

文委員は「今は国家情報院の政治介入を改革する時なのに、国家情報院に国民 監視と政治介入の根拠を与えるのは居直り」とし「サイバーでの対応が必要な ら、国家情報院ではなく総理室など、中立的なサイバーコントロールタワーを 作れば良い」と一蹴した。

民主党の卞在一(ピョン・ジェイル)政策委議長も「すでに金大中(キム・デジュ ン)政府の時にサイバーテロ、電子的侵害行為から主要情報通信基幹施設を保護 するために、情報通信基盤保護法を作った」とし「情報通信基盤保護法により、 民間分野と公共分野を区分し、民間分野は当時の情報通信部、李明博政権では 放通委、公共部門は国家情報院が主管するように業務分掌をした」と明らかに した。

卞在一議長は「しかし李明博政権では、こうした業務を疎かにして、民間政治 への介入に没頭した」とし「放通委はこうした固有業務を疎かにして放送掌握 に没頭し、今のサイバーテロ危機を迎えた」と指摘した。

28日には朴起春(パク・キチュン)院内代表が「国家サイバー危機管理法が通過 すれば、国家情報院の不法査察に翼をつけることになり、国家情報院のコメン ト操作は合法に化ける」と強く反対した。

しかしセヌリ党は、法制定のための公聴会へとす早く動いている。徐相箕(ソ・ サンギ)国会情報委員長は29日午前、国会議員会館で公聴会を主催して、「いつ サイバーテロがあるかわからない状況で、国家情報院にコントロールタワーを 作るかどうかで時間を浪費することはできない」とし「国家情報院コントロー ルタワーの設置に反対するのなら代案を提示しろ」と野党に要求した。

だがこの日の公聴会でも、国家情報院のコントロールタワー機能をめぐる憂慮 が出された。「国家サイバー危機管理法の課題」を問題提起した林鍾仁(イム・ ジョンイン)高麗大情報保護大学院教授は、「2008年に発議された国家サイバー 危機管理法が挫折した理由は、国家情報院に過度な権力が付与され、民間領域 にも権限を持ち、国家情報院に個人情報を誤用させる可能性の憂慮があった」 とし「こうした憂慮は、国家情報院の不透明性、統制不可能性といった既存の イメージに基づくもので、相変らず一部の国民の憂慮が高いのが現実」と国家 情報院コントロールタワーの信頼性問題に言及した。

林教授は基本的にコントロールタワーを国家情報院が担当するものの、「国家 情報院の活動に対する牽制と監視装置をおき、国家情報院コントロールタワー 権限に対する信頼と透明性、統制の可能性を保障する必要がある」と代案を提 示した。

林教授はまた、コントロールタワー効果の問題も指摘した。イム教授は「コン トロールタワーをおくとしても、似た規模と権限の間の情報共有と協力が円滑 に行われない可能性が存在する」とし「コントロールタワーにより、独断的に 遂行される危険を防ぎ、部署間の対立と円滑な協力と情報共有が難しければ、 厳格な判断と迅速な調整の役割をする権限ある調停者が必要だ」と指摘した。

保守市民団体の正しい社会市民会議のキム・ミノ事務総長は「野党は法案を詳 しく調べることもせず、とにかく国家情報院を嫌って国家情報院がコントロー ルタワーをしてはいけないという」とし「サイバー攻撃はとにかく網が攻撃さ れる前に兆候を捕らえなければ実効性がない。一番うまく海外情報の収集がで きる機関はどこかと言えば、国家情報院しかない」と国家情報院の役割を強調した。

セヌリ党は、ハンナラ党だった時の2006年からサイバー危機関連法案の制定を 試みてきたが、法案が国家情報院権限を強化するサイバー国家保安法だという 議論で、何回も失敗している。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2013-03-30 16:37:24 / Last modified on 2013-03-30 16:37:25 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について