本文の先頭へ
LNJ Logo イタリアの高校生、約100校を占拠
Home 検索
 


イタリア高校生、約100校を占拠

教育予算削減反対...23日、イタリア全域で公教育強化デモ

チョン・ウニ記者 2012.11.25 12:11

イタリアの学生は最近、イタリアのモンティ政権による緊縮に反対し、また激 しい闘争を行なっている。高校生は100以上の学校を占拠し、大学生は公教育の 強化を要求して全国的なデモを進めた。

11月24日のAFPによれば、イタリアのローマで高校生が約70の学校を占拠して、 政府の教育予算削減に反対した。10代の彼らはペンキのブラシと大きなモップ で『武装』し、学校正門を封鎖した。他の地域の高校生もローマの高校生への 連帯の意味で、数十の学校を占拠した。

ローマで学校占拠をした18歳のアレッサンドロ・スパジアリは、「われわれは この状況にこれ以上耐えられない」とし「教室をきれいにしたり、安全にする 予算がなく、雇用も不安定だ」と付け加えた。

タッソ高校を占拠したジョバンニは、「私たちが戦わなければ同じ答しか聞 けない」と明らかにした。

学校に入ろうとする父兄も正門で制止され、食物や基本物品だけを提供するこ とができる。

[出処:http://www.aljazeera.com画面キャプチャー]

一方、11月24日のロイターによれば、イタリアの大学生が全国の多くの都市で デモを行い、モンティ政府の教育自由化措置に反対している。彼らは「公教育 から手を切れ」と要求し「教育権のための行動の日」を決め、イタリアのモン ティ政権の緊縮政策を批判している。彼らは何よりも教職員の削減に反対する。 雇用の20%が縮小する予定だ。

ローマ、フローレンス、ピサ、ナポリ、カターニアなどでデモが行われ、デモ には教師と失業者も参加した。

左派の労働組合連盟「コバス(Cobas)」のあるスポークスマンは、「われわれは 教育制度が破壊されることを放置しない」と話した。

ローマのある大学生は、「われわれは自分の権利のために戦う。政府は私たち を代表しておらず、彼らが導入した緊縮措置と予算削減は完全に反民主的」と 批判した。

他の大学生一人も「われわれは政府の教育予算削減に反対する。モンティ政権 は、ベルルスコーニ政権に続いて教育予算を削減し続けている」と明らかにした。

大学生たちは10年間で登録金が75%値上げされたと吐露する。またイタリアは ヨーロッパ連合で一番少ない教育予算を計上していると批判した。多くの人が 教育部門の私有化と、それによる普遍的教育の機会の縮小を憂慮している。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2012-11-26 03:01:23 / Last modified on 2012-11-26 03:01:23 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について