本文の先頭へ
LNJ Logo 「君が代」不起立者への再発防止研修抗議報告
Home 検索
 


東京・全国の仲間の皆さん!

被処分者の会近藤です。

昨日、7月21日、05年周年行事・06年3月卒業式・4月入学式で「君が代」斉 唱時の不起立・不伴奏で処分された35名の教職員(退職者を除く)に対する不当な 「再発防止研研修」を都教委が強行しました。

この「再発防止研修」は、「日の丸・君が代」の強制に対して「譲れない思い」で抵 抗した教職員が「服務事故」を犯したと一方的に決めつけ、「抗議」を受講させ、 「報告書」と称する「反省文」を強要し、「転向」を迫る「懲罰」「イジメ」です。

この日は、都高教と東京教組の定期大会の当日であり、都教委は被処分者の大会参加 を妨害するものでした。実際、都立高校の該当者(29名)のうち、約20名が、職 場で都高教大会代議員に選ばれていました。また、被処分者の会・予防訴訟をすすめ る会の多くの仲間も代議員でした。

かくして現職の教職員の参加が厳しい中、大雨にもかかわらず、「再発防止研修」抗 議・支援行動に大勢の仲間が駆け付けて下さり、心から御礼申し上げます。

全水道会館での早朝9時、13時の2回の決起集会、会場門前での弁護団申し入れ・ 該当者激励行動には午前・午後とも100名を超える教職員・市民皆さんが参加して 大いに盛り上がりました。また、記者会見も行いました。

都教委側講師は、地方公務員法の条文を繰り返す「無意味な」講義に終始し、質問に 対しては、「個々の公務員は違憲・違法の判断はできない」などと馬鹿にした発言を して、受講者の怒りを誘いました。

今年も、報告書に「反省文」を書いた該当者は文字通り皆無で、「反省すべきは都教 委」との思いを新たにしました。

●再発防止研修抗議行動の様子は、「レイバーネット日本」のサイトで写真入りで大 きく報道されています。

次をクリックすれば、記事が出てきます。
レイバーネット日本 www.labornetjp.org

●また、本日(22日)付けの「しんぶん赤旗」の14面(社会面)で詳しく報道さ れています。

●被処分者の会が発表した「再発防止研修強行」に対する抗議声明を添付ファイルに て送ります。(転載・増刷・配布可)

■一方、都高教大会では、被処分者など112名連名の決議案『都教委による「日の 丸・君が代」不当処分、「再発防止研修」の強行に強く抗議し、組合運動への「妨 害」「弾圧」を断固許さない緊急特別決議』が多数の代議員の賛成で可決されまし た。

■また、被処分者など200名以上の連名の修正案も、全て多数で可決されていま す。以下、その修正案のいくつかを紹介します。

●スローガンの第8項目を以下のように修正。(執行部受け入れ)  「日の丸・君が代」の強制に反対し、不当処分撤回・裁判勝利をかちとろう。

●採決、賛成多数  民主党の「日本国教育基本法案」も「日本を愛する心」を明記し、「教育は不当な 支配に服することなく、国民に対し直接に責任を負って行われるべきものである」を 削除するなど、断じて容認できるものではありません。

●採決、賛成多数  秋の国会で廃案をかちとるため、「教育基本法改悪反対」の一点で、ナショナルセ ンターの枠を超え全国すべての教職員組合に共闘を呼びかけるよう、日教組に働きか けます。

●採決、賛成多数  来る9月21日には予防訴訟の一審判決が出されます。「10.23通達」の違憲 違法の確認を求めて、都高教組合員を多く含む400人以上の原告が都・都教委を訴 えた歴史的な教育裁判として闘われてきました。この判決が石原教育行政と教育基本 法改悪反対の闘いの行方に大きな影響を及ぼすことは明らかであり、引き続き注視し ていきます。

●執行部受け入れ  また、都教委は今年度も被処分者に対する「再発防止研修」を強行しました。都高 教は被処分者に「反省・転向」を迫る「再発防止研修」を厳しく糾弾し、実施させな いよう取り組みを強化します。

●採決、賛成多数  都高教は、職務命令を出させないとりくみを行いつつ、これまでの方針を堅持し 「立てない」「弾けない」組合員への支援を行い、人事委員会審理支援・不当処分撤 回にとりくみます。

●採決、賛成多数  被処分者が不当処分の取り消しを求めて東京地裁に提訴した場合には、全力をあげ て支援します。

◎さて、連日の行動になりますが、本日夜以下の集会が行われます。是非、参加しま しょう。

■教育の自由を勝ちとろう!7・22集会 今こそ言いたい!子どもはお国のために あるんじゃない■  国旗・国歌への忠誠心を強制し、愛国心を押しつける教育基本法改悪案に「NO!」 を突きつけていきましょう!みなさん! 集りましょう!  ご参加ください。

日時★7月22日(土) 午後6時30分開会(6時開場)

会場☆豊島公会堂(JR池袋駅 東口徒歩5分)

内容:対談  ●有馬理恵さん(舞台俳優。劇団「俳優座」)             VS          小森陽一さん(東京大学教授・日本近代文学) 朗読劇 市民、教職員有志 東京の教育の現状告発

「日の丸・君が代」不当処分撤回!教育基本法改悪阻止!改悪案廃案を!憲法改悪を 狙う国民投票法案を廃案に!共謀罪反対!
************
「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会
事務局長 近藤 徹
携帯:090−5327−8318
FAX:047−467−2498
e-mail:qq947sh9@vanilla.ocn.ne.jp
被処分者の会HP:http://www7a.biglobe.ne.jp/
~hishobunshanokai/index.html.
************


Created by staff01 and Staff. Last modified on 2006-09-10 16:40:17 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について