本文の先頭へ
LNJ Logo 「毎日新聞」がレイバーネットTVを大きく紹介
Home 検索
 


本日17日の「毎日新聞」夕刊に、レイバーネットTVの紹介記事が大きく載りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●労働問題:17日ネット番組開始 市民グループが情報発信
 昔ガリ版、今ネットー。労働に関する情報をインターネット 
で発信している市民グループ「レイバーネット日本」が17日 
夜、動画をオンライン放映する「レイバーネットTV」をスター 
トする。参院選を前に政党のオンラインTVなども始まっている 
が、労働問題の専門番組はネット上では初の企画ではという。質 
問に答えるコーナーの生中継も実施。ネットメディアをビラ代わ 
りに「埋もれている情報に光を当てたい」と意気込んでいる。

 レイバーネット日本は、労働者の現状や労組の情報を共有しよ 
うと01年に設立された。メンバーには労組員の他にビデオ 
ジャーナリストなど映像に携わる人も多く、集会の様子などを録 
画した情報も発信してきた。

 初回となる17日の放映は、午後8時から1時間。大手メディ 
アでは取り上げられることの少ない現場の情報を市民の視点で紹 
介するのがコンセプトだ。動画配信サイト「USTREAM 
(ユーストリーム)」を使って配信する。

 若手労働者から寄せられた質問に、古参の労組員が答える「教 
えて、おじさん」を生中継。残業代が支払われない、セクハラが 
ひどいなど「不満自慢」 のコーナーでは、寄せられた情報 
を即興で川柳や替え歌にして激励するなどユニークな試みも行う。

 今後も月1回放映予定で、番組内で視聴者との双方向のやり取 
りを図る。レイバーネット日本の共同代表の松原明さんは「市民 
メディアならではの視点で情報発信したい。雇用情勢が厳しい中 
で、働き方を考える刺激になれば」と話している。問い合わせは 
レイバーネット日本(03・3530・8588)へ。 番 
組の視聴はhttp://www.labornetjp.org/tv。【東海林智】

Created by staff01. Last modified on 2010-05-18 22:27:33 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について