本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:不安 不安 不安
Home 検索
 


不安 不安 不安

[ワーカーズ]写真

チャン・ジンヨン写真家 2019.07.29 13:59

香港の送還法反対デモの映像に英国の国旗が登場した。 初めは理解できなかった。 私の不足な歴史の知識では、 香港は英国が清国と阿片戦争を行い、 その戦争に勝利して得た植民地ではないか? しかし考え直してみると、 デモの主体の中には多様な勢力と人物が存在するのはあたりまえだ。 デモ隊の中に英国の植民地時期を懐かしがる人もいるだろう。 こう考えて、6月15日、香港に出発した。 そして15日、16日の2日間、デモ隊の中にいた。

16日に200万人が参加した集会とデモ行進には、多くの若者たちが参加した。 高層ビルに隠れて末尾が見えないデモ行進の行列の中で、 鬱憤でいっぱいの表情をした人の大多数は若者たちだった。 そしてデモ行進の目的地である立法院(国会)前の道路を占拠して、 夜中にめった打ちにする大多数もまた若者たちだった。 彼らと中国語で対話することもできず、英語力が乏しいので英語でも話ができなかった。 ただ、立法院の周囲を流動する彼らを見て、 彼らの不安が言論、出版、通信などの抑圧を続ける中国の悪名のためだけはないと考えた。 むしろ社会主義国家と言われる中国が、この二十年間、 香港の労働者、人民の人生に責任を果たせない現実が、 不安の原因ではなかったのだろうか?[ワーカーズ57号]

原文(ワーカーズ/チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-07-26 16:43:28 / Last modified on 2019-08-05 01:52:42 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について