本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:学校非正規職、史上初の全面ストに突入
Home 検索
 


学校非正規職、史上初の全面ストに突入

全国3443校、約1万6千がストライキに参加

ユン・ジヨン記者 2012.11.09 13:58

学校非正規職労働者としては史上初の全面ストライキに突入した。

全国学校非正規職労組連帯会議(公共運輸労組全会連学校非正規職本部、全国 女性労組、全国学校非正規職労組)とソウル一般労組は9日午前9時、1次全面 ストライキに突入した。

この日のストライキには、全国3443の学校の栄養士、調理士、司書、行政職員 などの学校非正規職労働者1万5897人が参加した。ストライキに参加した組合員 は、ソウル、京畿、釜山など全国16の教育庁の前で地域別ストライキ集会を開 いた。彼らはストライキ集会の後、全国のセヌリ党市道党の前で糾弾集会を続 ける予定だ。

ソウル地域では、約2000人の学校非正規職労働者が午前10時30分から光化門の 政府中央庁舎の前で全面ストライキ集会を開いた。

連帯会議は声明書で「給与体系争奪、教育監直接雇用、教育公務職法案制定と いう切迫した私たちの要求について、ストライキを避けるために1年間呼び掛け、 声を合わせて叫んだ」として「しかし主務部署の教科部からは何の反応も戻っ てこなかったし、大部分の教育庁は交渉さえしなかった」と明らかにした。

続いて「今残されたものは、労働者の合法的権利であるストライキにより、私 たちの声を知らせることしかない」とし「ストライキで子供や保護者、先生に ご迷惑をかけるが、学校で差別をなくし、良い学校を作って幸せな社会を作る 道を共に進んでくれると信じる」と訴えた。

現在、連帯会議など学校非正規職労働者は、△給与体系予算確保、△教育公務職 法案法制化、△16の教育監と団体交渉成功、△教育監直接雇用を要求している。

全会連のイ・テウィ学校非正規職本部長は「私たちの年俸は公務員の初任給で 縛られていて、長く働くほど賃金差別が激しくなる」とし、「私たちの月給を 政府が勝手に奪っていくことをこれ以上見ていられない。これからは私たちの 賃金は私たち自身で決める」と明らかにした。

ファン・ヨンミ女性労組委員長は「3月から教科部と教育監に対し団体交渉に出 てくるよう要求してきたが、10の教育庁と教育監はこれを拒否している」とし、 「交渉に出てこなければ2派ストライキに突入する」と明らかにした。

また労組は、国会に係留中の『教育公務職員の採用と処遇に関する法律案(教育 公務職転換法)』が処理されなければ、11月中に第2派ストに突入する方針だ。

民主統合党の柳基洪(ユ・ギホン)議員が代表発議した教育球無職転換法は学校 非正規職の身分安定、給与体系の実施などを規定する。だが、国会教科委予算 小委が無償給食予算処理の過程で混乱を続け、法案の上程が遅れている。

労組は決議文で「われわれは責任ある問題解決を望んでいるのであって、闘争 を望んでいるのではない」とし「今後の第2派ストへの突入は、全的に教科部と セヌリ党にかかっている」と警告した。

一方、決意大会の参加者は、午後12時頃に光化門の政府中央庁舎からソウル 教育庁までデモ行進し、午後2時30分からは教育庁前で集会を続ける予定だ。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2012-11-10 09:12:05 / Last modified on 2012-11-10 09:12:05 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について