本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:職場閉鎖のチョンオ産業、ユソン企業と同じ様相
Home 検索
 


職場閉鎖のチョンオ産業、ユソン企業と同じ様相

用役警備が無断で使った組合員寄宿舎、めちゃくちゃに変わって

シム・ヒョンホ記者 2011.11.21 17:24

4月に「人間らしく生きたい。飲む水をくれ」と言って労働組合を設立した全北 報恩のチョンオ産業の労働者が職場閉鎖から11日が過ぎたが、事態は相変らず 解決せずにいる。

▲11日から全北報恩のチョンオ産業で職場閉鎖が始まった。

全北報恩にある石山開発工場のチョンオ産業で、11月11日午後5時30分から職場 閉鎖が始まった。これは今年、忠北地域で発生した二回目の職場閉鎖であり、 最初は5月のユソン企業嶺東工場だ。

特に今回の職場閉鎖は、ユソン企業の状況と似ている。チョンオ産業が職場閉鎖 を始めるとすぐ現場に用役警備が配置され、組合員の工場出入りを止めて工場を 運営しているためだ。

労働者の賃金団体協議締結の要求に使用者側は『職場閉鎖』

4月19日、チョンオ産業の労働者が労働環境改善を要求して建設労組に加入し、 建設労組忠北建設機械支部チョンオ産業分会が設立された。設立当時、最大の 要求は『飲む水をくれ』だった。

使用者側は、労働者に生活用水と飲料水を供給せず、彼らは現場を発破した所 の水溜りの水を生活用水として使い、飲料水は1週間に一回、家庭から持ってき て使用していた。また労働条件も劣悪だった。

▲チョンオ産業に労働組合ができた当時、労働者は会社が生活用水を用意しないため、発破現場でできた水溜り(写真)の水を使っていた。

また石切り場では必須の安全帽と安全靴は支給されず、工事現場にはフェンスや 安全標識も付いていなかった。特に職場閉鎖中の現在も、相変らず解決していない。

こうした状況の改善のため、労組は団体および賃金協約を7か月間、15回にわたり 行ったが、解決が出なかった。労組によれば、使用者側は不誠実な交渉態度を示し、 組合員の解雇と懲戒も断行した。

結局、4日に忠北地方労働委員会で開かれた2次調停会議には、使用者側の交渉 代表が海外出張を理由に参加せず交渉が決裂、調整中止が決定された。その後、 会社は職場閉鎖を始め、労組は工場の前でテント座り込みで対抗している。

決意大会を開いて面談をしたが、使用者側の立場が変わらないことだけを確認
職場閉鎖9日後に入った『工場』、用役警備にめちゃくちゃになった『寄宿舎』

職場閉鎖以後、チョンオ産業分会は9日ぶりに工場内に入ることができた。19日 の午後2時に建設労組忠北建設機械支部が工場の前で決意大会を開き、労使面談 の要求が実現したためだ。

▲チョンオ産業分会の組合員が工場に入るために待っている。

10数人のチョンオ産業分会の組合員が現場事務室で所長と面談をしたが、職場 閉鎖撤回と賃金および団体交渉についての改善された言葉は聞けなかった。 使用者側は既存の立場を固守したのだ。

労使が尖鋭に対立しているのは、賃金と雇用保障だ。賃金では、労働側は包括 賃金制の使用禁止と『月給制』を要求しているが、使用者側は『日給制』原則 を固守している。また労働側が組合員の雇用保障・労働条件などの事項を60日 前に労組と合意することを要求する『組合員雇用安定』項目を使用者側が削除 するよう要求している。

一方、組合員は用役警備が利用している彼らの寄宿舎を確認して怒った。寄宿舎 の冷蔵庫にあったおかずとキムチはすでに外に捨てられていて、家の物品を集めて 燃やした痕跡もあったためだ。

▲寄宿舎冷蔵庫には組合員たちが入れておいた副食などがなくなり、寄宿舎の前には色々な物を焼却した痕跡があった。分会は職場閉鎖後寄宿舎を使用した外部の警備員によるものと主張し、警察に告訴状を提出した。

現場を確認した組合員は、用役警備によりめちゃくちゃにされていることを確 認して警察に告訴状を提出した。彼らは告訴状で「寄宿舎の個人宿舎の鍵も すべて開けられ、個人の物品もすべてなくなり、一部は燃やされて毀損が激しく、 大量の紛失物が発生した」と明らかにした。

チョンオ産業分会のソ・ヨンドク分会長は「会社は月給10万ウォン上げてくれ という要求に対し、人を解雇して3か月の修習終わったからと解雇することも多 かった」とし「今は私たちの権利を得るため民主労組の綱を放さない」と伝えた。

続いて「最後までプライドをかけて闘い、もう追い出されない」とし「資本が 優先なのではなく、人間が優先だということを必ず守る」と声を高めた。

建設労組忠北建設機械支部のイ・ヨンデ支部長も「韓国の労働者が一握りにも ならない資本の前で道端に追い出され、用役チンピラに職場と寄宿舎を奪われ るのか」とし「持っているものは、からだしかない労働者が全身を燃やして 現場を守り、用役チンピラを追い出す」と覚悟を固めた。

民主労総忠北本部のキム・ソンミン本部長は「使用者側が労働者の闘争に職場 閉鎖で対抗して工場を運営し、用役を配置して出入りを阻止することが、今では 普通になってしまった。本当に汚い世の中になった」として怒った。

一方、建設労組忠北建設機械支部は11月22日、報恩郡庁の前でチョンオ産業の 不法の実態と報恩郡庁の不良監督を告発する記者会見を行う予定だ。12月1日に は支部は全面ストライキで決意大会を開く予定だ。(記事提携=メディア忠清)

▲恩返しタンポポ希望連帯の会員のチョ・キュソン氏が決意大会中職場閉鎖撤回を要求する文化公演をしている。

▲建設労組忠北建設機械支部が19日工場の前で職場閉鎖撤回を要求する決意大会を開いた。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2011-11-22 14:25:38 / Last modified on 2011-11-22 14:25:40 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について