本文の先頭へ
LNJ Logo 発電労組のイホドン委員長との一問一答
Home 検索
 


編集2002.04.03(水)14:42

発電労組のイホドン委員長との一問一答

発電労組イホドン委員長は3日、ソウルの明洞聖堂で記者会見を開き、「公 共部門の労働者として公益を守り、労働者の生存権死守のための闘争に死力 を尽くしたが、民主労総ゼネストが留保され、悲痛な心情で現場に復帰する」 と明らかにした。彼は、「最終復帰時限は来る6日の午前9時に決定し、暫定 協議案に対しては組合員が現場に復帰、賛否投票を経て使用側と署名する手 続きをとる」と話した。以下は李委員長との一問一答。

  • 今後の日程は

    △最終復帰時限は来る6日の午前9時に決定した。賛否投票は各支部別に労組 員が現場に復帰、討論で手順を決定するはずだ。ここで可決されれば、労使 双方が署名手順を持つようになる。

  • 執行部の今後の去就は

    △明洞聖堂から執行部がいつ出るかは、政府と使用側がどれほど約束を守る かによる。次期執行部は考えているところだ。組合員が全員集まり総会をす る計画はない。

  • いつまで明洞聖堂にいることになるか

    △まだ決定していない。ただし、組合員が安心して現場に復帰して組合員の 被害を最小化するために、指導部はここで努力を続ける。特に、現場での組 合員弾圧を防ぐことに力点をおく。

  • 賛否投票で反対票が多ければ、再ストライキに突入するか

    △さまざまな状況を考慮しなければならない。

  • 政府と使用側に対する要求事項は

    △あらゆる刑事的責任は私にあり、政府は労組幹部の被害を最小化しなけれ ばならないだろう。また、使用側は労使関係を破綻においやり、今回のスト ライキまで発生させたことに対する責任を負い、発電労組に対する懲戒及び 労組弾圧をしてはならない。

  • 今回のストライキで得たものがあれば

    △国民の80%以上が発電所売却に反対するという世論を確保したことが最も 大きな成果だ。各界の声明発表もあった。今後も政府が拙速的売却を強行す るならば国民が賛同するはずだ。

  • 確認書以外に労組員に署名させない理由は

    △労組が受け入れられない誓約書を強要する可能性があるからだ。

  • 組合員の反発はないか

    △私も勝利の瞬間まで戦いたいが、もう援軍がいない状態で、組合員が疲労 した状況だと復帰を決定した。組合員等の反対は私が負う。

  • 最後に一言

    △力強く戦い、多くの犠牲者があった。家族等も涙ぐましい闘争があった。 以後、私は長い間監獄暮らしをしなければならないが、誇らしい発電労組の 闘争を忘れない。組合員の元職復職のために、今後も闘争を持続するはずだ。 支持してくれた国民に感謝を申し上げ、今後の発電所売却阻止闘争にも賛同 してくれるよう訴える。

(ソウル/連合ニュース)

ハンギョレ新聞

http://www.hani.co.kr/section-005000000/2002/04/005000000200204031442809.html


Created byStaff. Created on 2002-04-04 06:44:22 / Last modified on 2005-09-05 08:14:19 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について