本文の先頭へ
LNJ Logo 民主労総が発電労組に連帯してゼネスト突入を決める
Home 検索
 


●民主労総、4月2日全面ゼネスト突入!!(2002年3月26日)

民主労総は3月26日、緊急非常代議員大会を開き、「国家基幹産業の私有化阻止と 労働運動弾圧粉砕のためのゼネスト闘争」を決議した。

1.民主労総は4月2日午後1時に全面ゼネスト闘争に突入する。 −それ以前に、発電労組未復帰組合員の大量解雇、明洞聖堂への公権力投入(明洞聖 堂に圧力をかけて強制退去と連行)が強行されれば、闘争本部代表者会議の論議をつ うじて民主労総委員長職務代行(※ホ・ヨング職務代行。タン・ビョンホ委員長は現 在、実刑判決を受け獄中闘争中)の命令でゼネスト闘争に突入する。

2.総連盟(※民主労総のこと)と連盟(※民主労総傘下の各単産のこと)は、全単 位労組にゼネスト決議指針を送り、全単位労組はこれを受けてゼネスト闘争を決議す る。

3.総連盟は交渉権の委任を受け、対政府交渉を推進する。 (大統領面談、両党代表面談を同時に推進する)

4.ゼネスト闘争までは、次のように闘争を展開する。

1)あらゆる単位労組は、3月27日から幹部徹夜籠城闘争に突入する。 −発電所売却と労組弾圧の糾弾、およびゼネストの組織

2)3月27日から、地域本部は発電所周辺で展開される発電労組家族対策委員会の 集会に結集する。

3)3月28、29日、全職場で残業を拒否し、地域別集会と行事に最大限結集す る。

4)3月29日(金)、すべての地域で退勤後、街頭宣伝戦および夜間文化祭を開催 する。

5)3月30日(土)、全職場は特別勤務(※土曜の勤務時間は現在、正午までの会 社がほとんど。特別勤務は、それ以降の勤務をいう)を拒否し、14:00に全国同 時多発民衆大会(ソウル、京畿、仁川はソウルへ集中)に最大限参加する。

6)4月1日(月)、全単位労組は組合員広報戦を展開する(広報物10万部配布)

7)闘争基金として、総連盟役員と産別連盟役員は5万ウォン、単位労組代表者と支 部長までは3万ウォンを納付する。 (以上)

●韓国発電労組への連帯メッセージは、 http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/strike/2002public/formmail

●韓国政府への抗議は、 http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/strike/2002public/protest

をそれぞれクリックして下さい。


Created byStaff. Created on 2002-03-26 23:41:00 / Last modified on 2005-09-05 08:14:17 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について