本文の先頭へ
LNJ Logo 発電労組員147人追加解任決定
Home 検索
 


編集2002.03.18(月)17:45

発電労組員147人追加解任決定

発電労組のストライキによって解任された労組員は、200人近い規模に増えた。

5つの発電会社は18日、人事委員会を開いて第二次懲戒対象者の197人のうち、 復帰したり審議を延期した場合を除く147人に対して解任を決定したと明ら かにした。

これに伴い、解任者の規模は第一次で解任された49人を含み、計196人に増え た。

使用側はまた、第三次懲戒対象者として400人あまりを警察に告訴した状態 で、ストライキが長期化すれば大量解任にともなう後遺症が深刻なものと見 える。

これと共に、解任者のうち社宅を利用している労組員に対しては、事業所別 に一定期間を与えて退去を要請する方案を検討中だと使用側は語った。

(ソウル/連合ニュース)

ハンギョレ新聞

http://www.hani.co.kr/section-004000000/2002/03/004000000200203181745014.html


Created byStaff. Created on 2002-03-19 10:07:22 / Last modified on 2005-09-05 08:14:13 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について