本文の先頭へ
LNJ Logo 曹渓寺、公権力の法堂進入を糾弾
Home 検索
 


編集2002.03.11(月)14:48

曹渓寺、公権力の法堂進入を糾弾

曹渓寺信徒会は11日に声明を出し、発電労組員を検挙するために前日、 警察兵力が曹渓寺大雄殿に進入したことを「蛮行」と規定し、 鍾路警察署長の即刻罷免を要求した。

信徒会は声明で「120人の労組員を連行するために、数百人の警察が曹渓寺 に進入したことも驚くべきだが、神聖な仏様がいらっしゃる法堂を仏教徒が 見守る中、軍靴で乱入したことは蛮行」とし、「憤怒を禁じえない」と明ら かにした。

信徒会はまた「警察庁長官は曹渓寺法堂乱入の主謀者である鍾路警察署長を即 刻罷免し、仏教徒に謝罪しろ」と要求した。

(ソウル/連合ニュース)

ハンギョレ新聞

http://www.hani.co.kr/section-009000000/2002/03/009000000200203111448661.html


Created byStaff. Created on 2002-03-12 04:32:39 / Last modified on 2005-09-05 08:14:09 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について