本文の先頭へ
LNJ Logo MBC憶測報道に対する発電労組の立場
Home 検索
 


MBC憶測報道に対する発電労組の立場

MBCの報道内容

===========================================================

発電労組、「売却撤回を主張しない」

8日、ストライキ十二日目を迎えた発電労組が、発電所売却撤回要求に固執 しないという修正案を出し、中断している交渉の再開の可否が注目されます。

発電労組の上級団体である公共連盟は8日、「腹立たしい。合併時に予想さ れる組合員の身分変動について労使合意を義務化できれば、これまでの発電 所売却撤回の主張は放棄できる」と明らかにしました。

労組側のこのような立場の変化は、8日の明け方、中央労働委員会が労使に 対して職権仲裁案を確定した後で出てきたもので、今後、政府と発電会社側 の対応が注目されます。

2002年03月08日14時09分 ユサンハ記者sangha@imbc.com

===========================================================

上記MBCの報道は事実無根の憶測報道であり、この根拠として明洞聖堂で発表 した委員長の記者会見発表の一部内容を引用し、明確な立場をもう一度表明す るところです。

【3月8日記者会見:中労委の職権仲裁! 激しい闘争は続く。】

「金大中政府は、米国をはじめとする超国籍資本に国家基幹産業である発電所 を拙速、安値で売却しようという売国政策を即刻中断し、対話の場に出てくる ことを要求する。

私たちの愛国的な決断と労働者としての当然の権利の要求に政府が答えければ、 われわれは歴史と1300万労働者と5600発電労働者の名前で売国の信号弾である 発電所売却阻止のために歴史的なゼネスト闘争を熱く持続することを宣言す る。」

中央争対委は、「発電所売却方針撤回がない限り、ストライキの撤回はない」 という立場に変化がないことをもう一度確認します。

同時に、MBCの事実無根の憶測報道に対しては、法律的な検討を経た後、決まっ た手順により、強く対応することをお知らせします。

発電労組状況室

http://cham4.jinbo.net/maybbs/viewgongji.php?db=baljeon&code=gongji&n=203&page=19


Created byStaff. Created on 2002-03-09 04:47:53 / Last modified on 2005-09-05 08:14:08 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について