本文の先頭へ
LNJ Logo 発電労組執行部24人、インターネット手配
Home 検索
 


編集2002.03.07(木)20:42

発電労組執行部24人、インターネット手配

警察庁は7日、全国地方警察庁捜査・情報課長が参加し、発電労組不法スト ライキに対する対策会議を開き、発電労組執行部など逮捕令状発行者24人を 近日中に捕まえるためにインターネット手配、申告報償金、検問検索強化な ど、可能な警察力を総動員することにした。

警察はこのために、警察庁のホームページ(www.police.go.kr)の「お知らせ コーナー」に逮捕令状発行者24名の手配ビラを載せ、申告報償金500万ウォ ンを掲げて市民申告を誘導するようにした。

警察はまた、民主労総公共連盟指導部が今回のストライキを背後操縦・指導 していると見て、彼らに対する追加司法措置も検討している。

警察は特に、手配犯人が一般宿泊業者以外に一般労組員独身者宿舎など、警 察の接近が難しい所で「散開闘争」を行っていると見て、散開闘争組長221 名の隠れ場所を追っている。

チョソンゴン記者csk@hani.co.kr

ハンギョレ新聞 http://www.hani.co.kr/section-005000000/2002/03/005000000200203072042001.html


Created byStaff. Created on 2002-03-08 06:39:26 / Last modified on 2005-09-05 08:14:07 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について