本文の先頭へ
LNJ Logo 発電ストライキ長期化の兆し
Home 検索
 


編集2002.02.28(木)22:28

発電ストライキ長期化の兆し…民営化意見の差を狭められず

発電労組のストライキが長期化する兆しを見せ、電力需給への支障が憂慮さ れている。 発電労使は、ストライキ四日目の28日、午前11時からソウル明洞のローヤル ホテルで交渉を再開したが、民営化撤回や、合併または分割売却時の労組と の合意などの争点に対する意見の差を狭められないまま、会議の中断と再開 を繰り返した。

シングクファン(辛国煥)産業資源部長官はこの日の午後、発電労組のイホド ン委員長に送った手紙を通し、「現在、合意されずに争点に残っている民営 化撤回要求は、労使合意や争議の対象になりえない」と明らかにし、交渉妥 結が容易ではないことを予告した。

発電労組のストライキが長期化すると、突発状況発生時の対応能力がなく、 電力難が現実化する可能性も憂慮されている。産資部は「ストライキが長期 化しても、現在の電力予備率を勘案すれば、1か月程度は電力需給に支障を きたさない」としながらも、前日、5つの発電会社の非常対策班に代替人材 需給方案の樹立など、ストライキ長期化に対応するように指示した。

一方、去る26日の夜、ソウル大から抜け出した発電労組の組合員5千余名は、 組別にソウルと首都圏地域で「散開闘争」を繰り広げていると伝えられた。 公共連盟の関係者によれば、「組合員は4〜5人を一組として会社と家を除く ソウルから3時間以内の地域に散らばっている」と伝えた。

産資部は、労組員の業務復帰率が28日午前には6%に留まったと集計した。し かし、労組の関係者は「ストライキ参加率が初日の97%から98%に上がった」 と語り、「初めからストライキに参加しない3%を除くと、業務復帰率は0%」 と語った。

パクスンビン、チェヒェジョン記者idun@hani.co.kr

ハンギョレ新聞

http://www.hani.co.kr/section-005100008/2002/02/005100008200202282228020.html


Created byStaff. Created on 2002-03-01 00:21:18 / Last modified on 2005-09-05 08:14:02 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について