本文の先頭へ
LNJ Logo 手配中の発電労組幹部からのメッセージ
Home 検索
 


題目:[ゼネスト死守]手配中のオムギョンシク本部長のメッセージ

西部発電組合員同志の皆様!

西部の1千余組合員同志らが発電所売却撤回、団交争奪、解雇者復職、人材 充員、更生非道口阻止など、私たちの正当な要求を貫徹させるために花冷え の寒さにも関わらず、熱い闘争に、真摯な同志愛を感じます。

また、西部組合員の同志は、指導部のゼネスト指針を少しも動揺せず遂行し ていることを状況室を通して毎日毎日確認しています。

直接同志たちと会って、電話で確認して、決意を新たにすべきですが、政府 と使用側は労働者の生存権死守のための正当なストライキ闘争を陣頭指揮し ている指導部に対し、卑劣な世論操作と公安当局を通じ、不法ストライキの 主導者と言い募り、検挙に出ています。

たとえ、私は今、政権と資本の威嚇で何日かこのように体を隠してストライ キ闘争を率いてはいますが、近い将来、同志の前に堂々と表れることをお約 束します。

その時まで、支部長同志たちは、委員長の命令によって指針を履行してくだ さることを願い、助長同志たちは、現場では幹部として組員を案内して状況 室の要求に対しては即刻実践をお願いします。

また、以後持続的に出てくる政府と使用側のイデオロギー攻勢に対して揺る ぐことなく、労働者として、労働者の視点で突破して行くよう要請差し上げ ます。

また、あるいはストライキ闘争期間中に身分がばれて私が検挙されても、揺 らぐことなく委員長の指針に従ってストライキ闘争を死守してくれることを 願い、また発電労働者として、同志に一点の恥じることもなく毅然と、堂々 と対抗することをお約束します。

合わせて、組合員同志のゼネスト闘争勝利のために共に闘争している家族の 方々にも熱い同志愛を伝えて感謝申し上げます。

今や私たちストライキ闘争は8合目を越え、勝利の旗が見え始めています。 勝利の旗を勝ち取るその時まで、ひとりの落伍者も無く、最後まで闘争しま しょう。

闘争!!!

「発電労働者のゼネスト闘争で世の中を止めろ!」 「しなやかな者が勝つ、最後まで戦おう」 「ストライキ闘争を死守して、生存権を死守しよう」

ゼネスト闘争五日目の日、

発電労組西部本部長オムギョンシク

http://cham4.jinbo.net/maybbs/viewgongji.php?db=baljeon&code=gongji&n=122&page=15

題目:[ゼネスト死守]手配中のチョンユンジ東西本部長メッセージ

誇らしい発電同志の皆様、 東西本部長のチョンユンジです。

24日に汝矣島で見せてくれた、そしてソウル大で見せてくれた同志たちの熱 い闘争の意志に頭が下がります。

寝袋も無く、廊下で背を丸くして寝ていた同志たちと明け方に会った時、私 の決意は一層固まりました。また、そんな不便を甘受するのも、発電売却阻 止と私たちの生存権は私たち自らが守るという組合員等の意志だと思うと、 涙で前が見えませんでした。

同志たち、ソウル大で送った3日は、私たちが一生忘れられない感動の瞬間だっ たと思います。舞台に立ち、同志の闘争の熱気を感じながら、自分自身、力 が湧いてきて、果して私たち組合員にできるのかという一抹の心配は杞憂だっ たことを考え、感動の涙がこみあげてきちんと話すこともできませんでした。

食事が定時に配られず、多少不満がありましたが、執行部を信じて空腹をが まんして、闘争の熱気に陶酔した組合員同志を考えると、散開しても全く心 配がないと思いました。今この瞬間、私は同志を信じて何の心配も無く、無 事に過ごしています。

熱気に満ちた闘争の戦線にそびえ立つ発電同志の皆様!!!!! 自分自身が現場巡回をしながらガスと鉄道がストライキを撤回しても、われ われは確実に行くと同志に約束しました。そうした約束は守られましたし、 ストライキの隊列から鉄道とガスが離脱しても、彼らと私達が置かれた状況 は違いますから、われわれは死を覚悟して戦い、必ず勝利しなければなりま せん。

同志の皆様、現在の状況は発電労組が民主労組として、我が国全体の労働運 動を先導すると考えても無理ではありません。金大中政権の新自由主義反対 戦線の中核に、私たちの要求条件である発電売却撤回が位置を占めているか らです。このような事実は、同志がどこであろうと堂々としていられる誇り として全く遜色がないという自負心を持ってくださることを願います。

同志の皆様、勝利がまさに目前に迫っています。 官製言論と政府、会社は、私達のストライキの正当性を歪曲報道して、業務 復帰を強要しています。これにだまされて業務に復帰する組合員はたった一 人もいないと私は確信しています。ストライキが長期化する兆しも見えてい ます。長期化しても絶対揺らがずに、指導部の指針通りに行動してくださる ことを願います。もはや敵方が跪く日が遠くありません。勝利の瞬間に、同 志と共に祝杯を上げ、ストライキ期間の武勇談を共に語り合う日がまもなく やってくるでしょう。

私やイホドン委員長から同志への一言があります。「私達の前には勝利か敗 北しかない。勝利しても、同志と共にする勝利、敗北しても同志が認める敗 北だけしかない」。今一度、この言葉の意味を考えて、勝利する日まで最後 まで共に闘争して行きましょう。

選択の余地はありません。

同志の皆様、私たちの要求条件の核心は、発電売却撤回です。明洞聖堂にい る指導部もこの点を忘れずにいます。かと言って、他の要求条件が重要でな いわけではありません。発電売却が撤回されなければ、ストライキの撤回は 決してありません。

強固なストライキ隊伍の維持だけが勝利できるという点を銘記するように願 い、崖っぷちに立たされた発電労働者たちに譲歩はありえないということを、 もう一度確認するように願い、最後のひとりまで闘争して行きましょう。私 もその先鋒に立って力強く闘争します。

私たちには家族があります。家族対策委が活動を始めています。私たちの闘 争を支持、保護する家族がある限り、絶対に勝利するでしょう。

本部長として、散開闘争を展開している同志にいくつかの要請をお願いしま す。

必ず助長同志の言葉には、無条件に従ってください。

携帯電話は助長の責任下で回収することをお願いします。

状況室に報告する時は、公衆電話を利用してくださるようお願いします。

やむをえず、クレジットカードを使う場合、使用後は即刻その場所から遠く に移動してください。

組合員の同士が個人的に加入したインターネットサイトには接続をしないで ください(接続せずに見るだけにしてください)

私たちの闘争が勝利するか敗北するかの関門は、助長同志の責任です。

徹底的に中央争対委の指針だけを信じて行動してくださることを願います。

有難うございます。勝利する日まで共に進みましょう。闘争!

鋼鉄のようなゼネスト死守、発電売却たたき壊そう。!!!!!

東西本部長チョンユンジ拝

http://cham4.jinbo.net/maybbs/viewgongji.php?db=baljeon&code=gongji&n=124&page=15

題目:[ゼネスト死守]手配中のキムジニョン組織室長のメッセージ

勝利を確信して...

愛する発電同志らに

ストライキを準備して組織を責任を負っている一人として、果してわれわれ の組織が強力なゼネスト隊伍を維持できるかという焦燥感もありました。し かし、それは単なる杞憂に過ぎませんでした。5000余の同志と共にソウル大 で、そして300余の済州の同志と共に済州で、発電売却撤回という大義名分 を背負って使用者側と官製言論の懐柔と脅迫にも屈することない同志の決意 と決死抗争の闘志を見ました。

これまで自分が人のために自分自身を捧げたことはありませんが、今回のス トライキ闘争の先鋒で、それでも自分自身と家族に堂々とした夫、お父さん になるきっかけにしたいという自負心も生じます。もちろん、5600の同志全 員がということです。われわれはひとつです。労働者として生まれ、一回死 ぬのか、二回死ぬのか!

ストライキ闘争が勝利した日には、一杯傾けて多くの同志と話すことになる のでしょうが、ソウル大で冷たい夜風と霜の中で組合員同志を死守しようと がんばった死守隊の同志たち!

また、監視隊、補給隊の同志たち! 特に、散開闘争命令が下された後も、正門 を死守するために最後まで任務を全うした最後の正門1組の同志たち!

逮捕令状が発付された状態で、隠れて歩くと思うとソウル大を抜け出して罪 人がもう一度うな垂れて泣きました。この闘争は絶対に勝たなければならな い! もう一度、自らに今回の戦いは絶対に負けることはできず、負けてもな らないと言う覚悟を固めました。

今、全労働者と労働界は、発電同志に驚きと驚異を隠しません。世界が徐々 に注目しています。

同志たち! われわれは、発電労働者と全体労働者のための、闘争の歴史に永 らく残る歴史的な闘争の主体としてそびえ立ちました。さらに、富益富・貧 益貧の主犯である新自由主義者たちに私たち発電労働者の悲愁を訴えていま す。

そしてわれわれは堂々と主張しています。「労働者生存権を売り飛ばす発電 売却を撤回しろ!」と...

同志たち! もう少しです。勝利のその日が徐々に迫っています。少しも乱れ ず、中央争対委(公開状況室)の闘争命令によって、そして最後の復帰命令が 下される日まで、ひとりの個別復帰者も無く、同時に復帰できるように最後 まで闘争しましょう!

有難うございます。

闘争なく争奪はない! 闘争で勝ち取ろう! 発電労働者を皆殺しにする発電売却を撤回しろ! 発電独立万歳!

  1. ゼネストスト5日目、組織争議室長拝

http://cham4.jinbo.net/maybbs/viewgongji.php?db=baljeon&code=gongji&n=125&page=15

題目:[ゼネスト死守]手配中のパクノギュン南部本部長のメッセージ

誇らしい組合員同志たち!

発電労組の全組合員が互いの肩を組んで一席に共に集まることができる機会 がいつかは来ると確信していました。われわれは、ソウル大でお互いを確認 しました。劣悪な条件の中でも乱れることなく、熱い熱気を感じ、真の同志 愛を持ちました。そして、組合員が互いを感じ、確認しながら私たちの確実 な勝利のために助長の指揮を通した散開に突入しました。

私は、組合員と離れてはいますが、組合員が胸に持つ熱い熱気と目の輝きを 知っています。そして、組合員のことをおもう時ごとにソウル大で感じた熱 い熱気と感動が蘇ります。組合員に聞こえてくる声は、一様に勝利に埋め尽 くされた確信です。組別にほつれることなく使用者側の懐柔と脅迫に動揺せ ず、マスコミのイデオロギー攻勢に動揺しない、しっかりとした闘争隊伍が まさに私たちの勝利を予見しています。

私たちの戦いがはじめからそうだったように、今でも組別組合員の信頼から、 支部、本部そして発電労組がひとつになっていることを確認して、これまで と同じように組合員は指導部を信じ、指導部は組合員を信じてすぐ前の勝利 のために、最後まで闘争しましょう。私も組合員と共に遠くない勝利のため に、組合員の傍らで組合員と最後まで共に行動します。

そして、済州で熱心に戦っている同志! ソウル大で共にできなかったのは残 念ですが、中央の指針にひとりの組合員も落伍せず、熱心に闘争していると 聞いています。中央で散開している同志と同じように、私たちの闘争に動揺 することなく、力強く風に翻る勝利の旗をひときわ高く立てる時まで、最後 まで闘争しましょう。

ゼネスト5日目を死守している

南部本部委員長パクノギュン

http://cham4.jinbo.net/maybbs/viewgongji.php?db=baljeon&code=gongji&n=126&page=15


Created byStaff. Created on 2002-03-02 02:21:20 / Last modified on 2005-09-05 08:14:03 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について