本文の先頭へ
LNJ Logo [ゼネスト死守!] 発電、26日から現在まで状況のまとめ!
Home 検索
 


[ゼネスト死守!] 発電、26日から現在まで状況のまとめ!

著者:rhdrhd(公共現場) 作成日:2002.02.27.Wed 14:38

発電労組同志の闘争は止まらない!!

発電26日から現在まで状況のまとめ

26日の午後1時からストライキをしている発電労組と全国社会保険労組首都 圏域組合員は、ソウル大で共同ストライキ集会を行った。交渉決裂以後、公 権力侵奪が予想された。その中で午後3時ごろから発電組合員は「委員長書 信」を基礎として今後の闘争に対する分散討論に入っていった。組合員によ る全体討論を経て、闘争計画を確保し、26日午後7時から約1時間半の間、第 1拠点のソウル大を抜け出して散開した。

現在、明洞聖堂には委員長をはじめとする指導部が座り込みを進めている。 マスコミでは、組合員が闘争を放棄して復帰していているところだと言うが、 現在、ストライキ参加組合員は散開して指導部の指針により、組織的に動い ていている。また、指導部はストライキに参加している組合員等の負担の軽 い家族と共にする闘争を作るために、全国の組合員家族に会うために忙しく 動いている。

絶対に闘争は終わっていない。 「民営化撤回、団体協約勝利、雇用安定争奪、解雇者元職復職!!」 各地域の同志に要請します。現在、発電労組では地域家族対策委と連帯闘争 のために努力しています。

(***地域の同志の積極的な参加と支援をお願いします。)

明洞の発電労組指導部は12人の事前拘束令状の発付と、27日本日、鉄道労組 指導部の撤収にも動揺と混乱を見せることなく、むしろストライキ闘争に対 するさらに大きな自負心とプライドを感じており、死守隊は自発的に一席に 集まり戻って覚悟を語り、力強い闘争決意を固めた。

また、組合員も「絶対に、いかなる誘惑にも動揺することなく、指導部の闘 争指針に基づいたストライキ闘争で最後まで戦い、勝ち抜こう!」、「委員 長のストライキ勝利連絡が着かなければ、われわれは一年経っても現場に復 帰しないぞ!」、「指導部が連行され、拘束されれば、私たちも永遠に私た ち自らの胸に監獄を作って、その中へ入って隠れてすごそう」と、少しの動 揺もない状態だ。

発電のストライキ闘争により積極的に連帯闘争の流れを形成しよう!! 死守!!! ストライキ闘争!!!

公共現場組織連帯会合状況室

http://go.jinbo.net/mybbs/bbstext.php?board=cool&recno=9415&mode=LS&arg=


Created byStaff. Created on 2002-02-27 20:38:34 / Last modified on 2005-09-05 08:14:01 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について