本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:延世大30人、高麗大10人の清掃警備をリストラ
Home 検索
 


延世大30人、高麗大10人をリストラ…「最低賃金の小細工」対策急がれる

構造調整の嵐が吹く大学街

キム・ハンジュ記者 2018.01.10 13:38

大学街で最低賃金引き上げを無力化するために、 清掃、警備労働者のリストラが続出している。

民主労総公共運輸労組ソウル京仁地域公共サービス支部(ソウル京畿支部)は1月10日に記者会見を行って 大学などの公共部門事業場で起きる最低賃金無力化の「小細工」に対する 政府の対策を要求した。

[出処:チャムセサン資料写真]

ソウル京畿支部によれば、延世大学校は2017年12月31日付で合計30人の 清掃、警備労働者を削減した。 延世大は彼ら30人を定年退職させ、新規職員は雇用しなかった。 延世大の労使団体協約によれば、定年退職者の欠員は既存の用役業者の労働者で補充しなければならない。

高麗大の場合、10人の清掃労働者を削減して短時間のアルバイト労働者に変えた。 仁徳大は6人、弘益大は4人、徳星女子大も1人の環境美化人員を削減した。

東亜ビルは、施設管理労働者6人をリストラして新しい用役契約を結び、 世宗路大宇ビルディングもまた同じ方式で警備労働者3人の雇用継承を拒否した。 ソウル京畿支部は所属事業場の清掃、警備労働者60人がリストラされたと明らかにした。

ソウル京畿支部は「公共サービス事業場が最低賃金の値上げを無力化するために、 清掃、警備労働者の人員削減で答えている」とし 「各事業場は急激な時給の値上げが財政にとって負担だという理由をあげているが、 これは『非正規職ゼロ時代』、『最低賃金大幅引き上げ』という社会的な流れに逆行する。 人員削減で学校、建物の安全と清潔に問題が発生し、 既存の労働者たちは労働が強化される問題が生じた」と伝えた。

続いて「文在寅(ムン・ジェイン)政府に本当に意志があるのなら、 こうした資本の小細工に対する対策を樹立しなければならない」とし 「一部政界と資本が最低賃金算入範囲調整、最低賃金地域別、産業別差別で適用することは、 最低賃金値上げを無力化する試みに過ぎず、 政府の対策がなければ低賃金、所得二極化問題の解決はさらに遠くなる」と指摘した。

ソウル京畿支部は1月11日、光化門雇用委員会の前で 「賃上げ無力化の小細工に対する政府対策用意要求闘争決意大会」を開く。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2018-01-18 16:37:23 / Last modified on 2018-01-18 16:37:24 Copyright: Default

関連記事キーワード



このフォルダのファイル一覧上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について