本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:法務部、アムネスティに「キャンドル集会の公権力は正当」と公式書簡
Home 検索
 


法務部、アムネスティ・インターナショナルに「キャンドル集会の公権力は正当」と公式書簡

法務部、「調査官の断片的な調査」を主張して調査結果の再検討を要請

イ・コンマム記者 iliberty@jinbo.net / 2008年08月21日17時43分

韓国「BSE」関連トピック

法務部がアムネスティ・インターナショナルにキャンドル集会での公権力行使 は正当だという立場を公式に伝えた。

アムネスティ・インターナショナルから派遣されたノーマ・カン・ムイコ東ア ジア担当調査官が先月18日、キャンドル集会での警察の公権力行使に対して 「警察は過度な武力を行使し、放水銃や消火器のような非殺傷群衆統制装置を 乱用した」と指摘したことに法務部が問題を提起したわけだ。

法務部は今日(8月21日)、「8月19日(韓国時間)に人権局長名義でムイコ調査員 の立場表明に関し、アムネスティ・インターナショナルの調査の公正性に対す る憂慮を表明する公式書簡をアムネスティ・インターナショナルに伝えた」と 明らかにした。

法務部はムイコ調査官の調査に対して「デモ状況全般の十分な調査なく、一部 の個別事例を一方的な陳述により、断片的に調査した」と指摘し、ムイコ調査 官がキャンドル集会を「平和集会」と規定したことには「調査官が訪問する前 の2008年5月末から6月中、デモ隊は不法な過激、暴力デモを連日続けていた」 とし「最近、法院もデモの過程で暴力を行使した被告に有罪判決を相次いで宣 告している」と明らかにした。

だが法務部の主張と違い、ムイコ調査官が韓国を訪問したときに狂牛病国民対 策会議の関係者はもちろん、国家人権委員会、医療支援団、弁護士、宗教指導 者などと会い、52人の市民にも会った。警察庁、法務部、外交通商部、大統領 府などの政府関係者との面談もするなど、幅広い調査を行ったため、法務部の 主張が正当性を得るのは難しいと見られる。

アムネスティ・インターナショナルは、アイリーン・カン事務総長が李明博大 統領に直接非公開書簡を送り、「韓国で集会と表現の自由が侵害されている」 とし、これに対する回答を要求していたが、韓国政府がこれを無視したため、 緊急にムイコ調査官を派遣して7月4日から2週間、直接調査を行った。アムネス ティ・インターナショナルが定期調査ではない不定期調査官を韓国に派遣した のはこの時が初めて。アムネスティ・インターナショナルの不定期調査官派遣 は、内乱などの紛争地域に限定されてきた。

これに対してムイコ調査官は調査の結果、△警察の過度な武力使用、△恣意的な 拘禁、△デモ隊への標的弾圧、△残忍で非人道的または屈辱的な処遇や刑罰、△拘 禁時の医療措置の不備などの人権侵害事項があったと明らかにし、韓国政府に △市民の人権侵害の主張に対し、即座に公正で独立した、徹底捜査に着手、△人 権侵害加害者の責任追及、△犠牲者への救済策用意などを勧告した。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳)に従います。


Created byStaff. Created on 2008-08-23 22:24:17 / Last modified on 2008-08-23 22:24:18 Copyright: Default

関連記事キーワード



このフォルダのファイル一覧上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について