本文の先頭へ
LNJ Logo 国軍留学生の受け入れ、国軍関係者の国葬参列反対!/在日ミャンマー人ら約250人がデモ
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0724demo
Status: published
View


国軍留学生の受け入れ、国軍関係者の国葬参列反対!〜在日ミャンマー人ら約250人がデモ

報告 松本浩美

 ミャンマー国軍のクーデターから1年半が経過。7月24日、全国8か所で在日ミャンマー人による集会・デモが行われた。東京では猛暑の中250人以上が参加し、声を上げた。

 ミャンマーでは昨年(2021年)2月1日のクーデター以来、2114人が殺され、11759人が不当に拘束されたまま(7月22日現在、政治犯支援協会)。国内避難民は約76万人に上る(6月21日現在、国連人道問題調整事務所)。国境付近では空爆が行われたり、村ごと焼き払われるなどして犠牲者は増えるばかりだ。

 在日ミャンマー人たちはクーデター直後から、日本政府に対して、国軍へ利益をもたらす同国への経済支援・ビジネスの中止・見直しを求めてきた(注1)。

 これに対して、日本政府は昨年6月に衆・参院両院でクーデター非難決議を可決したものの、具体的な行動をまったくとろうとしない。しかも、ここにきて在日ミャンマー人の訴えを無視する出来事が発覚した。

 1つは、防衛省による国軍からの留学生の受け入れだ。国軍幹部、幹部候補生は防衛大学等で、教育を受ける。受け入れはクーデター後も継続、本年度は4人の来日が決まり、4月にはメディアで報じられた。ちなみに、日本で訓練を受けた軍人がミャンマーで空爆に関与した可能性も指摘されている。

 2つ目は安倍元総理の国葬。日本政府は国軍による国家統治評議会に、国葬の通知を送付しており、9月27日国軍関係者がミャンマーの代表として参列する可能性が出てきたのだ。

ミャンマーの民主化なくして日本の外交は成り立たない

 デモ集合場所の公園では、出発前に集会が行われた。ミャンマーの民主化および今回の国軍の弾圧で命を落としたミャンマー市民、すべてのテロの犠牲者、そして銃撃された安倍元総理の冥福を祈り、黙とう。

 そして、日本政府への要請7項目を読み上げた。
1.昨年6月衆参両院で可決されたクーデターに対する非難と民主的体制回復を求める決議案を尊重し、これに沿った外交政策を実施すること
2.人道支援はNUG(国民統一政府)およびパートナー組織を経由して提供すること
3.現体制における政府開発援助(ODA)の全面停止
4.国家統治評議会および国軍からの留学生の受け入れの停止
5.現体制に対する経済制裁
6.在留ミャンマー人への緊急人道支援としての入国管理の一部条件緩和
7.ミャンマーの正統な政府としてNUGを認定し、駐日代表事務所を正式に連携すること

 そして、ジャーナリストの北角裕樹さんが激励のあいさつ。国軍との関係を深め、在日ミャンマー人の心を踏みにじる日本政府の対応を批判した。
「私たちが一票を投じた政府は、正義と不正義がこれほど明らかな中で、なぜ勇気を出さないのか。非常に情けなく思っています。日本の外交の基本的な考え方は『自由で開かれたインド太平洋』。ミャンマーは太平洋の真ん中にあり、ミャンマーの民主化なくして日本の外交は成り立たない。日本人にはミャンマーの声を聴いてほしい。一緒にがんばりましょう」

ミャンマーが平和になるまで日本人も一緒に闘う

 デモは、五反田駅東口から同国大使館を経由する約1.5劼離魁璽后参加者の大半は若者であり、親に手を引かれた小さい子どもの姿もあった。日本人も多い。りほさん(仮名)は、自分で描いた絵を掲げて歩いた。長崎の平和の像とひまわり、そして圧制への抵抗を示す3本指。

「ミャンマーの人たちに日本語を教えたことがあり、とてもお世話になりました。絵には、早く平和になってほしいという願いを込めました」。 「ミャンマーをたすけて」という幟を持って参加した保芦宏亮さん(ミャンマー料理研究家)は、デモ終了後のあいさつで次のように呼びかけた。 「ミャンマー軍から留学生を受け入れたり、安倍元総理の国葬に軍関係者を招待するなんて、絶対に許せない。日本にいるミャンマーの方々は、クーデター後の日本政府の対応に落胆、怒りの気持ちを抱いていると思います。でも、皆さんとともに怒り、一緒に声を上げ続ける日本人が大勢いることを信じてください。僕らはミャンマーが平和になるまで一緒に闘います」

 折しも、この原稿を書き上げたところで、民主化運動にかかわった元議員ら4人の死刑執行のニュースが流れてきた。

 声を大にして言いたい。
 日本政府はただちにミャンマー国軍との関係を断ち切れ!
 日本政府はミャンマー市民の殺害に加担するな!
 私たちの税金を人殺しに使うな!

注1 総理官邸前での抗議行動など活動記録はこちらを参照。
https://foejapan.org/issue/20220624/8491/


Created by staff01. Last modified on 2022-07-28 09:44:23 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について