本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信(5/23) : 大阪市立小学校校長の魂の叫び
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0523watabe
Status: published
View


渡部通信(5/23) : 明けない夜はない(50)<大阪市立小学校校長の魂の叫び>

============================== 5月17日、大阪市立木川南小学校の久保敬校長が、 松井大阪市長あてに、 「大阪市教育行政への提言  豊かな学校文化を取り戻し、学び合う学校にするために」 (以下をクリックすれば全文が出てきます) https://digital.asahi.com/articles/ASP5N6KWMP5NPTIL00R.html?fbclid=IwAR3wKEKV5pN kz3dm5wAr7qBMtgeRiieTGjuXLnhkSeHwrDeI-oo_noAlPDo を出したことが、大きな反響を呼び起こしている。 この「提言」の中で久保校長は、冒頭、 「子どもたちが豊かな未来を幸せに生きていくために、 公教育はどうあるべきか真剣に考える時が来ている。」 と問題を提起、この間に進められてきた「教育改革」(?)により、 「学校は、グローバル経済を支える人材という『商品』を作り出す工場と化している。」 と明確に批判している。 そして、そのためになされる学力テスト、教員人事評価などは、 教育をより良くし、教員のやる気を喚起していないと述べている。 また、この間のコロナ禍により前倒しになった GIGAスクール構想やオンライン授業のお粗末さも挙げ、 次のように述べている。 「その結果、学校現場は混乱を極め、 何より保護者や児童生徒に大きな負担がかかっている。 結局、子どもの安全・安心も学ぶ権利もどちらも 保障されない状況をつくり出していることに、 胸をかきむしられる思いである。」 「つまり、本当に子どもの幸せな成長を願って、 子どもの人権を尊重し『最善の利益』を考えた社会ではないことが、 コロナ禍になってはっきりと可視化されてきたと 言えるのではないだろうか。」 「『生き抜く』世の中ではなく、『生き合う』世の中でなくてはならない。 そうでなければ、このコロナ禍にも、 地球温暖化にも対応することができないにちがいない。」 「子どもたちと一緒に学んだり、遊んだりする時間を楽しみたい。 子どもたちに直接かかわる仕事がしたいのだ。 子どもたちに働きかけた結果は、数値による効果検証などではなく、 子どもの反応として、直接肌で感じたいのだ。」 そうして、次のように結んである。 「これは、子どもの問題ではなく、まさしく大人の問題であり、 政治的権力を持つ立場にある人にはその大きな責任が 課せられているのではないだろうか。」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー これに対し、松井知事は、次のようなことを述べた。  峭残垢旅佑┐箸いΔ里楼譴弔△襪鵑任靴腓Δ韻鼻  僕とは少し違う」 ◆峭残垢世韻標従譴分かってない。  社会人として外に出たことはあるんかなと思いますね」 「疲弊してやりがいが見つけらないんやたら、  違う仕事を見つけたらいい」 ぁ峺朕佑琉娶を言うのは構わないが、  我々には教育振興基本計画がある。  それに沿った形で運営してもらわないと、  組織の一員として逸脱していることになる」 皆おかしな発言だが、 このうちは、 大阪の疲弊する教職員たちに対する開き直りである。 現場教職員の労苦など考えてもいないのである。 い痢峩軌蘓橋輯靄楫弉茵廚箸いΔ里蓮 2006年教育基本法が改悪された際、 「愛国心」が入ると同時に入ったものである。 国家主義的教育を全面的に進めるためのプログラムであり、 国が定めた目標にそって各地方自治体でも定め、 それにそって学校現場の教職員も目標申告を出させられ、 その観点から評価される仕組みである。 だから、それに従えないものは「逸脱」している というのである。まさに国家主義教育であり、 従えないものは「逸脱教職員」と言うことになる。 その後導入された「教員免許更新制」は、 こうした「逸脱教員」を排除するためのものである ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ところで、この問題が大きくなってきたので、 5月21日萩生田文科大臣は次のようなことを述べた。 「現場の先生が首長に意見をおっしゃることは決して悪いこと だと思いません。ただ、大阪市は考えた上での結果だと思う。 やってみて不具合があったという報告だとすれば、 耳を傾けて改善したらどうですかね。」 彼はオンライン授業のことしか頭にないらしい。 しかし、久保校長が提言しているのは、 教育基本法改悪後の日本の社会や教育全体に対してであり、 それらを根本的に変えなけれならないということなのである。 今回の「提言」は、 「教育改革(?)」の最先頭を走ってきた 大阪(維新が牛耳る)から、 「もうこれ以上黙ってはいられない」として上げられた、 大阪市立小学校校長の魂の叫びである。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以下のようなメールが届いています。 久保校長の提言読んだ方へ。 意見を松井市長にとどけます。omsknjhs@yahoo.co.jpまで。 メッセンジャー、LINE何でも可 できるだけ早く。 できるだけ多く。匿名希望の方はその旨お書きを。 ---------------- 内容(フォーム自由) 投稿日 / お名前( )匿名希望 お立場( ) 例、〇〇市教員、〇〇市保護者など。 簡単な自己紹介 ご意見 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 『全国から集う!全国で闘う!   第11回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会』 〜コロナ下で進行する学問と教育の国家支配はゴメンだ!〜 <講演>岡田正則さん(早大大学院法務研究科教授> <発言>東京・大阪を含め全国から <日時>2021年7月18日(日)10:30〜17:00 <場所>日比谷図書文化館コンベンションホール         (旧日比谷図書館地階)  ◎集会後銀座デモ  ◎文科省交渉 7月19日(月) <主催:集会名の実行委員会> <連絡先>090-7015−3344(永井) ============================== 【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎) ============================== 東京五輪に【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし) ============================== (このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。 ご迷惑な方は止めますのでご連絡下さい。) ******************************************************************************* 「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス   http://houinet.blogspot.jp/ 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ   http://hinokimitcb.web.fc2.com/ 「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト   http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by staff01. Last modified on 2021-05-23 10:49:48 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について