本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:ヨーロッパ各地でコロナストライキ
Home 検索
 


ヨーロッパ各地でコロナストライキ、デンマークは政府が賃金75%を支援

自動車、郵便、保育労働者、コロナ19感染対策を要求

チョン・ウニ記者 2020.03.17 17:14

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)に適切な対応と賃金対策を要求して、 ヨーロッパの各地で労働者がストライキに立ち上がっている。

▲スペインのメルセデス・ベンツ製造工場でストライキをする労働者[出処:https://www.rf-news.de/]

ドイツの左派言論、ローテファーネニュースの報道によれば、 3月16日(現地時間)、スペイン、バスク地方のビドリアにある メルセデス・ベンツ製造工場の労働者5千人がストライキに突入した。 労働者たちは会社がコロナ危機にもかかわらず操業を中断しないと決定し、反発をかった。 労働者職場協議会は会社の経営陣に健康上の理由で閉鎖を要求したが、 会社がこれを拒否したため、ストライキを決定した。

英国のロンドン西南部地域の郵便労働者も13日にコロナ感染の憂慮のため 山猫ストライキ(労組非承認ストライキ)をした。 労働者は英国の郵便配達会社ロイヤルメイルの経営陣が労働者ちの健康を守るために必要な 適切な措置を取らないでいるとし、ストライキをしたと明らかにした。

ドイツでも最大のサービス労働組合ベルディ(Verdi)が19日、 保育労働者3500人が参加するストライキを行う予定だ。 彼らは公共部門の保育労働者賃金と同じく、 民間部門の賃金も同一に保障しろと主張する。

イタリアでも南北部地域を中心として コロナ感染対策を要求する労働者のストライキが行なわれている。

一方、デンマーク政府は15日(現地時間)、職員を減らさないと約束した民間企業に対して 職員給与の75%を支援すると明らかにした。 デンマーク政府はこれから3か月間、毎月1人当り最高3418ドル(約4244万ウォン)を支払い、 会社は残りの25%を支払わなければならない。 その代わりに労働者は有給休日に当たる5日間の手当てを放棄しなければならない。 こうした措置は、政府がデンマークの主なナショナルセンターや会社員の団体とともに結んだ協約によるものだ。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2020-03-25 10:29:28 / Last modified on 2020-03-25 10:29:28 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について