本文の先頭へ
LNJ Logo 高校生にはビラをまく自由もないのか!/7.17「勾留理由開示公判」ドキュメント
Home 検索
 


高校生にはビラをまく自由もないのか!〜7.17「勾留理由開示公判」ドキュメント


*高校生グループ「日本自治委員会」のメンバー

動画(11分)事件発端記事(7/12)

 「公道上でビラまきがいけないのか」「ビラまき、表現の自由はないのか」「子どもに意見表明権はないのか」。7月17日、東京地裁前で高校生グループ「日本自治委員会」のメンバーはマイクで強く訴えた。この日午後1時半より、学校外の公道でビラをまいていただけで逮捕・勾留されている現役高校生I君の「勾留理由開示公判」が開かれた。(I君は都内の単位制高校生・20歳)


*この日高校生が撒いていた「校民日報」1号

 I君は、7月8日にブラック学校を批判するビラを東京・目黒区立9中付近で撒いていた。それを目黒9中の高橋副校長がとがめ、ビラまきを妨害した。妨害がひどかったためI君がそれをスマホで撮影したところ、副校長が怒鳴りながらI君にぶつかってきた。ところが副校長は逆にI君に殴打されたとして、その場で「私人逮捕」し、警察に引き渡したのだった。罪名は「公務執行妨害罪」。スマホがあたったとしているが、副校長には何一つケガはない。救援会メンバーは裁判所前集会で「こんな“私人逮捕”が乱発されたら大変なことになる。ビラまきひとつできなくなる。絶対に許してはならない」とアピールした。


*裁判所前のアピール行動

 今週はじめにネットにこのニュースが流れると、「あまりにひどい話だ」ということで瞬く間に関心が広がっていった。そのせいか、この日の公判には15人の傍聴席に対して48人が集まった。メディア関係者も多かった。

 もともと事件は軽微で、管轄は強行犯係扱いだったのが、この日は公安扱いに「格上げ」されていた。指定された法廷は、軍事法廷なみの「429号警備法廷」。裁判所が「凶悪事件・過激派事件」用につくった法廷で、空港並みの金属探知機での身体・所持品検査、 さらに傍聴席に入る際に再度厳重な所持品検査と全身の身体検査が行われる。初めての傍聴者は「これが日本の国で起きていることか」と驚きを隠せなかった。    


 またいっぽう裁判所前には、10数人の公安警察が監視を続けていた(写真上)。声を上げる高校生を国家権力はなぜに恐れるのだろうか。応援に駆け付けた多くは「日の丸・君が代」の強制に反対してきた元高校の教員メンバーだったが、先生と生徒がタッグをくんで「教育の自由」「表現の自由」を求めることが目障りなのだろうか。それにしても、やりすぎとしか思えなかった。


*元高校教員が訴える

 記者は傍聴抽選に当たらず、公判の間は同じ4階のフロアーで待機していたが、しばらくすると強制退廷者が出されてきた。事情はこうだった。公判は約1時間行われた。弁護団が勾留理由の説明を10数項目にわたって「求釈明」したが、裁判長は何を聞いても「答えられない」「答えられない」を繰り返した。勾留理由が開示されないのだ。一番前で傍聴していた若者が思わず「ふざけるな!」と声を上げると「退廷命令」が出た。するとあっというまに20〜30人の警備職員が現れ、若者は担ぎあげて外に連れ出されてしまったのだ。傍聴していたある年配者は「あんな回答だったら怒るのはあたりまえ」と語っていた。

 公判後、弁護士会館ロビーで簡単の報告会があった。弁護団がI君からとして「みんなの顔がみえてとてもうれしかった。ありがとう」と伝言すると、「よかった、よかった」の声と大きな拍手が起きた。(M)


*I君が護送された車両に向けて仲間が「頑張れ」の声を上げた


Created by staff01. Last modified on 2020-07-18 14:35:42 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について