本文の先頭へ
LNJ Logo たんぽぽ舎メルマガ NO.3765〜勢力の強い台風19号にご用心・ご用心
Home 検索
 


たんぽぽ舎です。【TMM:No3765】
2019年10月10日(木)地震と原発事故情報−
               5つの情報をお知らせします
                        転送歓迎
━━━━━━━ 
★1.勢力の強い台風19号にご用心・ご用心
   東電の電柱はなぜ弱かったか?
   九州電力の応援作業員いわく…千葉の電柱や
   電線は総じてもろい
   沖縄電力の鉄塔は風速60m、
   九州電力(強風地区)も風速50mに耐える
                  柳田 真(たんぽぽ舎)
★2.「甲状腺がん・がんの疑い」
   患者数の正確な把握求め、NPO会見
     集計されていない子どもの存在、再び指摘
                藍原寛子 (ジャーナリスト)
★3.急きょ関西電力幹部の辞任は安倍政権の目くらまし
     安倍総理を含め麻生副総理など権力の中枢は
     去年から知っていた…ほか
     メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)
                黒木和也 (宮崎県在住)
★4.メルマガ読者からのイベント案内
               (お問い合わせは主催者へ)
  ◆10/28(月)パレスチナ−沖縄−福島
   国際連帯フェスティバル・東京公演
   祝・救援連絡センター創立50周年!
  ◆民をだまし大地と海を汚した東京電力と政府の責任を問う!!
   10/30(水)井戸川裁判(福島被ばく訴訟)第16回口頭弁論のご案内
   報告集会 会場:衆議院第二議員会館
★5.雑誌より1つ
  ◆〈関西電力とブラックマネー〉
   関西電力会長の退職金は10億円
       (10月8日発売「女性自身」10.22・29合併号より抜粋)
━━━━━━━ 
※関西電力東京支社抗議行動にご参加を!
 第1回:10月11日(金)17:30〜18:30
          あすは台風19号の接近により荒天が予想されます。
          13時〜14時の間で実施するかどうか判断します。
           たんぽぽ舎 03-3238-9035 へお電話下さい。
 第2回:10月18日(金)17:30〜18:30

 場 所:関西電力東京支社前(日本プレスセンターの近く)
      (千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント)
 共 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」TEL 070-6650-5549
     「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」
━━━━━━━ 
※10/16日(水)学習会にご参加を!

    「原賠法と経理的基礎」
     日本原電にも東京電力にも経理的基礎はない
     〈東電は責任を取れ第31回講座〉

 講 師:堀江鉄雄さん(東電株主代表訴訟原告代表)
 日  時:10月16日(水)19時〜21時
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円(学生400円)
━━━━━━━ 
※9/22「たんぽぽ舎30周年記念の集い−命と大地を放射能から守れ−
原発やめようみんなの想い」がユープラン三輪祐児氏のご協力により
「YouTube」にアップされています。
ご覧いただければ幸いです。

1.小出裕章さん講演「原発にしがみつく日本 なぜ?どうする?」
https://www.youtube.com/watch?v=yHWnHQhamX4 
2.「7人のリレートーク」はこちらを
https://www.youtube.com/watch?v=QVGUcIgy1I8 
━━━━━━━ 

┏┓ 
┗■1.勢力の強い台風19号にご用心・ご用心
 |  東電の電柱はなぜ弱かったか?
 |  九州電力の応援作業員いわく…千葉の電柱や
 |  電線は総じてもろい
 |  沖縄電力の鉄塔は風速60m、
 |  九州電力(強風地区)も風速50mに耐える
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎)

◎またまた、強烈な台風が近づいてきている。10月11日(金)、12日(土)
が危ない!
 前回、9月9日千葉県等をおそった台風15号は、風速57.5m。
 今回の台風19号は、中心気圧915ヘクトパスカル(10月10日15時)で、
 台風15号より勢力は強い。
 もし、東京を直撃すれば大被害の可能性がある。

◎10/7(月)6:15配信「週刊プレイボーイNEWS」に、「東電の電柱がなぜ
弱かったか」の記事が載っている。参考になるので一部を紹介。

千葉県を襲った台風で2000本が倒壊・損傷
東電の電柱はなぜ弱かった?

・9月9日未明に上陸し、千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号。
千葉市、木更津(きさらづ)市などで観測史上最大となる瞬間風速を
記録し、県内約2000本の電柱や、君津市の送電線の鉄塔2基の倒壊・
損傷が、その後の大規模停電の原因になった。
 台風上陸から10日後、送電復旧作業の応援に駆けつけていた九州電力
の作業員は、週プレ記者にこうつぶやいた。
 「これまで全国各地の災害現場で復旧作業に当たってきましたが、
千葉の電柱や電線は総じてもろいです」

・どういうことか?
 電力各社は、経済産業省が定める「電気設備技術基準」に沿って送配
電設備の設計や設置を行なう。鉄塔や電柱は省令で毎秒40mの強風にも
耐えられる設計を求めており、東京電力管内でも「風速40m基準で設計
していた」(東京電力パワーグリッド・広報)というが、今回の台風で
は瞬間風速50m以上を記録し、多くの電柱が倒壊してしまった。

 ただ、台風被害の多い他地域の電力会社は独自に手を打っている。
沖縄電力の鉄塔は「風速60mの風圧荷重に耐えられる設計」(同社
広報)とし、九州電力も「過去に台風で大きな被害が出た地域は『強風
地区』に指定し、電柱や鉄塔を風速50mに耐えうる設計にしている」(
同社広報)という。

 東電管内でも、過去に同様の台風被害は起きている。例えば2002年10
月、関東地方を通過した台風21号による強風を受け、茨城県鹿嶋市など
で送電鉄塔9基が折損・倒壊、約60万軒が停電した。
・東電から送配電設備の設置や改修を請け負う電気工事会社の社長が
こう話す。
 「当時(2002年)、倒壊した鉄塔は風速40m基準でした。国や東電は
事故原因の検証を行ないましたが、強度基準が見直されることは
なかった。千葉県の被災状況を見ると、もっと過去の教訓が生かされて
いれば…との思いはぬぐい切れません」(後略)
 (10月7日6:15配信「週刊プレイボーイNEWS」より抜粋)
  詳しくはこちらを
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-01098750-playboyz-soci

◎なお、「台風−停電−市民生活防衛」を掲げて10月17日(木)にシンポ
ジウムをもちます。
 8人目のレポーターとして上岡直見さんが加わります。

10/17日(木)シンポジウムにご参加を!

「台風15号による千葉等大停電問題 東電だらしないぞ」
「森田千葉県知事も安倍首相もメディアも責任あり」
実態・原因・対策シンポジウム 8人のレポート

報告者:武笠紀子さん(反原発自治体議員・市民連盟 松戸市在住)
    上岡直見さん (環境経済研究所代表)
    柳田 真さん (真っ暗闇の4日間 千葉市在住)
    安藤多恵子さん(市民エネルギー研究所)
    菅井益郎さん (国学院大学名誉教授)
    山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)
    浅野健一さん (アカデミックジャーナリスト)
    なのはな生協理事長(文書参加)
    参加者からの発言も歓迎
 
 日 時:10月17日(木)18時〜21時
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円


┏┓ 
┗■2.「甲状腺がん・がんの疑い」
 |  患者数の正確な把握求め、NPO会見
 |    集計されていない子どもの存在、再び指摘
 └──── 藍原寛子 (ジャーナリスト)

〇 経過観察中に甲状腺がんと診断 手術受けても調査集計に反映なし

 2011年から福島県が実施している震災当時18歳以下の子どもを対象に
した県民健康調査の甲状腺検査で、「県が発表している甲状腺がんと
その疑いのある患者数は、実際の数より少ないのではないか」という
疑問が再び提起された。

 「NPO法人 3・11甲状腺がん子ども基金」(崎山比早子代表理事)
が福島と東京で記者会見し、同基金が行う療養給付事業の申請状況を
発表。申請者のうち、少なくとも実際に「甲状腺がん・がんの疑い」
とされた18人が、県民健康調査の患者数に含まれていない可能性がある
と指摘した。

 福島県は集計方法について、ホームページ上で「二次検査で経過観察
となり、保険診療を受けていた人が、経過観察中に甲状腺がんと診断さ
れて手術を受けた場合、さかのぼって県民健康調査の「悪性ないし悪性
疑い」の数に反映されたり、手術症例に反映されないことになって
いる」と明記。
 その理由として、保険診療の中での診断などの診療情報や手術件数の
把握の困難さを挙げている。担当者は「県民健康調査検討委員会で決め
られた調査方法で把握し集計している。(同基金が)集計外と指摘された
人が集計外かどうかは確認できない」と話す。
 ただ、県が把握する甲状腺がんの子どもの人数は県民健康調査での数
であり、「実際にはその数より多くの患者が存在している可能性」を
完全に否定はしていない。

 同基金の崎山理事長は「根本的な問題は、実数がわかっていないの
に、わからない数字を元にして放射線の影響を検討していること。これ
まで県には患者数をきちんと把握してほしいと要望してきたが、状況は
まったく改善されていない。
 検討委員会は甲状腺がんと放射線の因果関係を検討するのが任務の
一つ。科学的に正しい結果を出すためにも、がんに罹患されている方た
ちの一部でも取りこぼしたまま、評価が行われることがないよう強く
要望する」と述べた。

〇 事故当時18歳以下の153人 甲状腺がんで基金の給付金申請

 同基金から療養費の給付を受けた人数は、16年12月から今年7月
まで、事故当時18歳以下の153人(福島県在住101人、県外52人)
 このうち、原発事故当時5歳だった3人から給付申請があり、がんが
見つかったのはそれぞれ2,3,4巡目の調査だ。申請者のうち、県外
で診察を受けてがんが見つかった人はこのほかに16人おり、最高で18人
が集計漏れ(1人は後に集計に含まれた模様)の可能性がある。

 19年7月8日に開かれた県民健康調査検討委員会では、「甲状腺がん
・その疑い」の患者は調査3巡目で24人(事故当時5歳から16歳)、
4巡目で5人(4歳から12歳)と報告された。基金に申請した4歳児3人
から見ると、県調査の2,3巡目には4歳児が含まれておらず、「発表
から漏れている状況だと思われる」(同基金)

 また、基金では、患者と家族の同意を得て、経緯を報告している。
3巡目調査の発表から漏れた5歳未満の一人は、1巡目と2巡目の調査
は「A1」(問題なし)の判定。17年度末の3巡目でB判定を受け、穿刺
細胞診(針を刺して細胞検査をする)をしたが判定がつかず、保険診療で
移行観察中にがんと診断され、19年3月に手術した。
 以前から県は「保険診療に移行した後に甲状腺がんと診断された人
は、県が行っている県民健康調査での患者数にはカウントされない」
と説明し、集計されない患者のルートがあることを明らかにしている。
ちょうど1年前の18年7月には、11人の集計漏れがあったとして、
患者数を修正した。

 福島県内の子どもの甲状腺がんの実数が正確に把握されていない
可能性があるとすれば、行政の調査の正確性や政策への信頼が揺らぐ。
 「県民のため、患者を支援するため」に行われているはずの調査で、
集計されないことで支援から漏れる患者の存在と、患者間での支援の
不平等の問題は依然として残ったままだ。
 (「THE BIG ISSUE JAPAN」367 2019.9.15「被災地から」より)


┏┓ 
┗■3.急きょ関西電力幹部の辞任は安倍政権の目くらまし
 |    安倍総理を含め麻生副総理など権力の中枢は
 |    去年から知っていた…ほか
 |    メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)
 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.急きょ関電幹部の辞任と第三者委員会のスタートは
  安倍政権の目くらまし 安倍総理を含め麻生副総理など
  権力の中枢は去年から知っていた
  田中良紹(ジャーナリスト)10/10(木)2:42 有料記事)
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakayoshitsugu/20191010-00146098/

2.「原子力村の常識は一般と乖離している」
  「原発再稼働は『一部の利権者のため、お金のため』
  とよく分かった」関電会長、社長辞任で避難女性
  10/9(水)21:23配信「神戸新聞NEXT」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000023-kobenext-soci

3.八代英輝弁護士 関電会長辞任の意向に「特別背任に関して
  検察サイドは立件すべき」
  10/9(水)12:24配信「スポニチアネックス」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000129-spnannex-ent


┏┓ 
┗■4.メルマガ読者からのイベント案内
 |             (お問い合わせは主催者へ)
 └──── 

 ◆10/28(月)パレスチナ−沖縄−福島
  国際連帯フェスティバル・東京公演
  祝・救援連絡センター創立50周年!
  パレスチナ・グレートリターンマーチに連帯しよう!

日 時:10月28日(月)18時開場 18時45分開演
会 場:なかのZERO大ホール
     (中野区中野2-9-7、JR中野駅南口徒歩8分)
出 演:DELI、K DUB SHINE、蝦名宇摩、MC GAZA(パレスチナ)、
    渋さ知らズオーケストラ、以上出演順
主 催:実行委員会
     (港区新橋2-8-16石田ビル5階、救援連絡センター気付)
入場料:前売3000円、当日3500円、中学生1000円、
    同伴の小学生以下無料、
    障がいのある方1000円(付き添いの方1名様まで無料)、
    全席指定
〈チケットの購入方法〉
1.電話での申し込み:03-3591-1301(救援連絡センター)
2.ローソンチケット:Lコード 72354
3.イープラス
4.メールでの申し込み:i.solidarity.fes.2019@gmail.com
5.模索舎(新宿区新宿2-4-9)
*郡山、大阪、福岡、那覇公演につきましては
https://greatreturnmarch.org
  または、救援連絡センターまでお問い合わせください。


 ◆民をだまし大地と海を汚した東京電力と政府の責任を問う!!
  10/30(水)井戸川裁判(福島被ばく訴訟)第16回口頭弁論のご案内

日 時:10月30日(水)9時40分より地裁前で事前集会 ?10時30分開廷
                 (傍聴先着順。10時までにお越し願います)
場 所:東京地裁103号法廷
報告集会:(同日)会場:衆議院第二議員会館・1階多目的会議室
                 開場12時 開始12時30分より16時まで
井戸川裁判を支える会 稻垣(080-4865-3159)

 「あなたも参加!古川弁護士・井戸川 白熱談論」
? 元双葉町町長の井戸川克隆さんと古川元晴弁護士さん(元京都地検
検事正) お二人と参会者まじえ、熱く意見交換!!
? 福島第一原発事故での東電、政府の責任を、首長としてただ一人、
明らかにする訴訟。
? 双葉町町長と町民が、東電、政府からどのように対応されたか、
また、同じ過ちを犯させないため、どうすべきか、問う裁判。
 多くの方の傍聴をお願いします。


┏┓ 
┗■5.雑誌より1つ
 └──── 

 ◆〈関西電力とブラックマネー〉
  関西電力会長の退職金は10億円
  1987年解任の芦原義重 10億円前後
  2006年秋山喜久会長 10億円以上も
  2006年株式報酬制度への改定=退職金額がわからぬように
      (10月8日発売「女性自身」10.22・29合併号より抜粋)

────────── 
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
 します。
  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より
 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他
 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、
 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも
 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)
 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ
 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。
 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・
 グループも平等に掲載する基本方針です。
 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など
 必要事項を400文字以内でお送り下さい。
 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)
 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。
ご了解下さい。
────────── 
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
  ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
 ◆メールマガジンをお送りします
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
  送ってください。
   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは
  間違いの元となりますのでやめて下さい。
  登録できしだい発信致します。
 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。
 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり
  ます。
────────── 
たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、
       日曜・休日はお休みです。
   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
              ダイナミックビル5F
       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
       新HP http://www.tanpoposya.com/
       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
           口座番号 00180-1-403856

Created by staff01. Last modified on 2019-10-11 09:25:03 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について