本文の先頭へ
LNJ Logo たんぽぽ舎メルマガ NO.3729〜東京電力はなぜ賠償金を「払い渋る」のか
Home 検索
 


たんぽぽ舎です。【TMM:No3729】
2019年8月26日(月)地震と原発事故情報−
               6つの情報をお知らせします
                        転送歓迎
━━━━━━━ 
★1.北海道電力の説明「泊原発敷地内の地層が120万年前」は
   12万5千年前の地層の中の小さな石のかけらの年代を
   指しているので誤りである
   「ぶらトマリ」
   泊原発周辺の地形・地層見学ツアーに参加しました
      青山晴江 (たんぽぽ舎会員・再稼働阻止ネットワーク) 
★2.東京電力はなぜ賠償金を「払い渋る」のか
     被害の実態を踏まえずに賠償を打ち切ることは
     「3つの誓い」そのものに反する…ほか
     メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)
                 黒木和也 (宮崎県在住)
★3.東電、再稼働5年以内に廃炉判断−
     柏崎刈羽原発1〜5号機「1基以上想定」…
     メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)
                 金子 通 (たんぽぽ舎会員)
★4.「美味しんぼ」原作の雁屋 哲(かりやてつ)さんが書いた本
   マンガ「日本人と天皇」〜新装・増補版
     読み応え!      (上)(全3回の連載)
                   柳田 真(たんぽぽ舎)
★5.メルマガ読者からのイベント案内
              (お問い合わせは主催者へ)
  ◆10/19(土)吉原 毅氏講演会「原発ゼロで日本経済は再生する」
   第6回東日本大震災復興支援講演会
   会場:成美教育文化会館  主催:東久留米市福島県人会
★6.新聞より1つ
  ◆JCO事故20年 安全考える集い 東海村で来月7日
               (8月25日毎日新聞朝刊より抜粋)
━━━━━━━ 
※8/28(水)学習会にご参加を!
 「公益通報×司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ!」
   〜公益通報者保護制度改正とその問題点〜

 講 師:光前幸一弁護士 (子ども脱ひばく裁判等弁護士)
 日 時:8月28日(水)18:00〜21:00〔講師のお話は19時からです〕
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円(学生400円)  新ちょぼゼミ32回
━━━━━━━ 

┏┓ 
┗■1.北海道電力の説明「泊原発敷地内の地層が120万年前」は
 |  12万5千年前の地層の中の小さな石のかけらの年代を
 |  指しているので誤りである
 |  「ぶらトマリ」
 |  泊原発周辺の地形・地層見学ツアーに参加しました
 └──── 青山晴江 (たんぽぽ舎会員・再稼働阻止ネットワーク) 

◎ 8月24日(土)、北海道泊原発反対集会の、とまロック2019三大
イベントの1つ、「ぶらトマリ」(泊原発周辺の地形・地層見学バス
ツアー)に参加しました。
 とまロックは3日間、その中日のイベントです。
 「ぶらトマリ」のご案内は「行動する市民科学者の会・北海道」の
小野有五さんと斉藤海三郎さん。

◎  大型バスでの巡検コースは、岩内台地、兜(かぶと)岬、共和台地
など6カ所。晴れたり雨が降ったりの天気で、でも湿気なしの爽やか
さ、気温は20度前後。
 砂の採取現場にできた崖の地層の前に立って、33万年前、20万年前、
12.5万年前の海岸線、洞爺やニセコの火山灰、新幹線の速さで襲いくる
火砕流、氷河期と温暖期の層などたくさんの説明を聞くことが
できました。

◎ 「北海道電力が説明した泊原発敷地内の地層が120万年前というの
は、12万5千年前の地層の中の小さな石のかけらの年代を指しているの
で誤りである」という話や、その後の北海道電力のボーリング調査で
岩内層の年代について、2018年8月に原子力規制委員会によって北海道
電力の主張が否定されたことなど学べました。

◎ 説明がわかりやすくて、坂があれば違う地層があるという話も
なるほどと思いました。
 泊村を通過するときに話された「原発マネーは、大型公共建築の
『箱物』を作るお金のみで、現地は維持費用に困り、次の原発建設で
お金を得るしかなくなる、また原発作る、その繰り返しは、原発麻薬
患者を作るようなものです。」というお話も、実際にそのような原発の
形をまねた村役場を見ながらで、とても印象に残りました。

◎ 雄大な景色、積丹半島に続く海、この美しい自然を見ながら、
原発の罪深さを肌で感じた一日でした。


┏┓ 
┗■2.東京電力はなぜ賠償金を「払い渋る」のか
 |    被害の実態を踏まえずに賠償を打ち切ることは
 |    「3つの誓い」そのものに反する…ほか
 |    メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)
 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.東京電力はなぜ賠償金を「払い渋る」のか
  被害の実態を踏まえずに賠償を打ち切ることは
  「3つの誓い」そのものに反する
  8/25(日)6:10配信「東洋経済オンライン」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190825-00299073-toyo-bus_all

2.第一原発汚染水 集中豪雨の対策急務 タンク満水早まる懸念も
  8/25(日)8:11配信「福島民報」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000004-fminpo-l07

3.福島第一原発事故 茨城県と東電 ADR和解へ 未払い分1億円賠償
  8/24(土)8:00配信「茨城新聞クロスアイ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00000008-ibaraki-l08


┏┓ 
┗■3.東電、再稼働5年以内に廃炉判断−
 |    柏崎刈羽原発1〜5号機「1基以上想定」…
 |    メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)
 └──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

 ◆東電、再稼働5年以内に廃炉判断−
  柏崎刈羽原発1〜5号機「1基以上想定」
  廃炉は確約せず対象の号機や期限も具体的に示さなかった
         (8月26日「新潟日報」電子版より抜粋)
 詳しくはこちらを
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190826490943.html


┏┓ 
┗■4.「美味しんぼ」原作の雁屋 哲(かりやてつ)さんが書いた本
 |  マンガ「日本人と天皇」〜新装・増補版
 |    読み応え!      (上)(全3回の連載)
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎)

 一大ブームを引き起こしたマンガ「美味しんぼ」原作の雁屋 哲さん
の力作本です。
 元は「週刊金曜日」に連載されたもの(1999年〜2000年)で、中味は
とてもよく勉強されている本。鋭く天皇制と日本人の本質に迫って
います。マンガと文章の併用本なので、読みやすい。
 多くの人に一度、読んでほしい。

〇 目次の紹介 1章〜7章

第1章:天皇とは何か=なぜいま「教育勅語」を問いなおすのか
第2章:近代天皇制の毒=天皇制の毒がまわりきった社会では何が起こったか
第3章:天皇の軍隊=日本軍はなぜ愚かな戦いを続けたのか
第4章:臣と民=「君が代」の「君」を天皇といいくるめるのはなぜか
第5章:象徴天皇制=現在の天皇制は本当に「無害」なのか
第6章:昭和天皇の戦争責任=昭和天皇の「伝説」は果たして真実だったのか
第7章:天皇制の未来=天皇制から自由になるために我々は何をするべきか
最新論考
日本をアメリカの属国にした昭和天皇の罪
                          (中)へ続く
発行所:株式会社いそっぷ社  本体1700円
原作:雁屋 哲   漫画:シュガー佐藤


┏┓ 
┗■5.メルマガ読者からのイベント案内
 |             (お問い合わせは主催者へ)
 └──── 

 ◆10/19(土)吉原 毅氏講演会「原発ゼロで日本経済は再生する」
  第6回東日本大震災復興支援講演会

日 時:2019年10月19日(土)14:00より16:00(開会13:30)
講 師:吉原 毅氏 (原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟会長)
会 場:成美教育文化会館グリーンホール(東久留米駅から徒歩5分)
        東久留米市東本町8-14 042-471-6600
主 催:東久留米市福島県人会
問合せ:富塚 090-5996-4201
入場整理券(資料代):500円


┏┓ 
┗■6.新聞より1つ
 └──── 

 ◆JCO事故20年 安全考える集い 東海村で来月7日

 茨城県東海村の核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」の
臨界事故から9月30日で20年となる。
 村は9月7日、事故の教訓を将来に引き継ぐため、当時の村長や事故
収束にあたった関係者を招き原子力の安全について考える「東海村原子
力安全フォーラム」を東海文化センター(東海村船場)で開催する。
    (中略)
 フォーラムの定員は500人で、申し込み必要。
 申し込み先:東海村防災原子力課 029-282-1711
               (8月25日毎日新聞朝刊より抜粋)

────────── 
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
 します。
  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より
 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他
 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、
 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも
 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)
 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ
 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。
 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・
 グループも平等に掲載する基本方針です。
 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など
 必要事項を400文字以内でお送り下さい。
 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)
 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。
ご了解下さい。
────────── 
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
  ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
 ◆メールマガジンをお送りします
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
  送ってください。
   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは
  間違いの元となりますのでやめて下さい。
  登録できしだい発信致します。
 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。
 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり
  ます。
────────── 
たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、
       日曜・休日はお休みです。
   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
              ダイナミックビル5F
       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
       新HP http://www.tanpoposya.com/
       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
           口座番号 00180-1-403856

Created by staff01. Last modified on 2019-08-27 09:12:04 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について