本文の先頭へ
LNJ Logo アスベスト被害は終わっていない!〜首都圏建設アスベスト訴訟・東京2陣が結審
Home 検索
 


動画
https://www.youtube.com/watch?v=ikqQScSWf90

報告=北穂さゆり

9月27日、首都圏建設アスベスト訴訟東京2陣(東京地裁103号法廷)は結審。
法廷では、本審の遺族原告であり、自身も被害者として次の第3陣アスベスト訴訟に
提訴予定の元左官職人、吉田重男さんが意見陳述した。

吉田さんは、長年自分の仕事に誇りを持ち、お客さまに喜ばれる建物を作り続けた結
果、二人の兄をアスベストで失い、自身もアスベスト疾患となった悲しみを述べ、さ
らなる被害者を国が出さないように訴えた。

今回の法廷では、裁判所の壁面に次々と被害者の姿が映し出された。一人の患者が息
が吸えないのは鼻が詰まっているのではないかと、アイスキャンディの棒で自ら鼻を
突きさし、それでも呼吸できず耳鼻科医に懇願。手術で鼻の奥の骨を削ってもらった
が、最後まで思うように息ができず、苦しんで亡くなったエピソードを弁護団が陳述
し、満席の傍聴席からは嗚咽が聞こえた。

本審の判決は2020年4月17日の予定。

Created by staff01. Last modified on 2019-10-02 11:55:29 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について