本文の先頭へ
LNJ Logo レイバー映画祭 : ずっと涙して観た『ストライキ前夜』
Home 検索
 


*レイバーネットMLから

東部労組の長崎です。 レイバー映画祭ご苦労さまでした。「ストライキ前夜」 の感想メモです。 昨日レイバー映画祭で「ストライキ前夜」をみた。朝、 猛暑の田町駅で乱鬼龍さんが一人大きなポスターを高く 掲げ宣伝していた。前売り券をゆずって頂き200円も得 をした。感謝。 映画をみながら最初から終わりまで大久保製壜闘争とか ぶってたまらなかった。ずっと涙していた。 舞台は87年88年の鉄工場。圧巻は最後の最後の数十秒。 会社の手先の若い労働者がついに工場で現場のど真ん中 でバールを手に高く掲げ決起。それをみて会社側にいた 全労働者も手に手に鉄具で武装しヤクザに襲われ倒れた 民主労組を救おうと駆け出す瞬間に画面は止まる。 この映画は今まさに職場で苦闘し奮闘している労働者へ の実践学習・討議の最高の教材宝庫だ。 映画は、低賃金も長時間労働も職制のパワハラも資本の 労働者搾取の中の一つとして位置付け、一貫して労働組 合運動を資本家の思想・搾取と闘う労働者の思想、労働 者の生き方の問題として提起している。(「要求」で闘 う今の通説・流行りが果たして正しいのか)。 これを「映画」として論評したり、日本の労働運動と関 係ない過去の話だと思う人は今の日本の労働者の現実と 労使関係を知らなすぎる。経営者の残酷貪欲な搾取も かってな言い分も、労働者の嘆きも怒りも、今の日本の 職場となんら変わらない。 日本でも戦前戦後通してヤクザを雇い労組を襲撃してく る。暴力団を雇い覚醒剤謀略犯罪で東部労組攻撃をして きたのはこの映画の場面と同じ87年の大久保製壜。過去 どころか関西生コン支部へのならず者レイシストの攻撃 も今の話しだ。経営者の卑怯な労組攻撃の手口も私たち が経験する各支部でのそれの今とそっくりだ。脅しと買 収の労働者分断のやり方もこの映画のままだ。 スト破りや裏切り者労働者の自己弁護の言い訳も彼らの 心の底の葛藤も同じだ。大久保製壜でも裏切り脱落した 仲間が5人も復帰してきた。御用組合から青年30名が東 部労組に合流し新労組を結成し翌日にはストライキだ。 <抑圧あるところ労働者は必ず立ち上がる>のだ。 まさにこの映画は、職場の労働者は必ず立ち上がる。今 はその前夜なのだと、苦闘している民主労組労働者を心 から励ましたいと願い作ったのだと思う。 映画が終って会場から大きな拍手が起きた。 今、立ち上がって苦闘して奮闘している全ての仲間たち に是非勧めたい。そして討議したい。 あと、労働歌「鉄の労働者」いいですね。 そうだ松原さんも「鉄の労働者」出身で倒産攻撃で激烈 な闘いの経験をお持ちでしたね。「ストライキ前夜」上 映企画ありがとうございました。 2019年8月4日 長崎 広

Created by staff01. Last modified on 2019-08-04 12:17:03 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について