本文の先頭へ
LNJ Logo 心揺さぶられるドキュメンタリー『レボリューション−米国議会に挑んだ女性たち』
Home 検索
 



Netflix独占配信のドキュメンタリー映画『レボリューション−米国議会に挑んだ女性た ち』、もうご覧になりましたか? 邦題の『レボリューション』はちょっと言い過ぎで、原題は“Knock Down the House ”ですから『議会をノックダウン』あたりが妥当なところでしょう。とはいえ、内容はま さに“革命”と呼ぶにふさわしい心揺さぶられるドキュメンタリーです。私はNetflixの1 か月無料期間中に3度も見てしまいました。 Netflixによる映画紹介は「巨額の富を持つ現職議員に対抗し、志固く2018年の下院議員 選に出馬した女性新人候補者のうち、アレクサンドリア・オカシオ=コルテスなど4人の戦 いぶりを追う」となっています。 この「下院議員選」は正確には「民主党予備選」とすべきか。4人のうち1人は上院議員予 備選に立候補していますから。4人とはアレクサンドリア・オカシオコルテス(ニューヨ ーク州下院14区。以下、AOC)のほかポーラ・ジーン・スウェアレンジン(ウェストバ ージニア州上院)、コーリ・ブッシュ(ミズーリ州下院1区)、エイミー・ヴィレラ(ネ バダ州下院4区)。うち勝ったのはAOCだけです(NY州は民主党の牙城で、本選でも 圧勝)。AOCの輝かしい勝利のかげに、惜しくも敗れた数多くの進歩派急進派候補、女 性・有色人種・マイノリティ候補がいたのだと思い知らされます。 4人の立候補の動機はさまざま。しかし、現職民主党議員が全くあてにならないという思 いは共通です。AOCは「NY州14区=ブロンクス&クイーンズは労働者の町なのに、ク ローリー議員はウォール街や不動産業界などから1期300万ドルも献金を受けている」。ポ ーラは炭坑夫の娘。空気や水を汚染し、住民の健康を破壊し、地域を切り捨てた鉱業会社 と癒着する現職のマンチン議員が許せない。コーリは同じミズーリ州ファーガソンで起き た黒人少年射殺事件に怒り、長年議席を持つ黒人議員が差別解消に何の成果も上げていな いと立候補を決意。娘を肺塞栓症で亡くしたエイミー。保険未加入を理由に医師が検査を 拒否したためです。「医療は人権だ」のスローガンを掲げ、製薬会社から献金を受ける大 物候補に対抗します。 映画を見て初めて知ったこともたくさんあります。AOCの立候補は、草の根グループ「 ジャスティス・デモクラッツ」と「ブランド・ニュー・コングレス」が現職議員に対抗す る候補者をクラウドソーシングで募集した際、AOCの弟が彼女を推薦したことがそもそ ものきっかけだったなんて、びっくりですね。AOC勝利の裾野には、彼女が属するDS A(アメリカ民主主義的社会主義者)だけでなく、アメリカ社会・政治の現状を憂え、そ の刷新を願う広範な人びとの努力があった、ということなのでしょう。 最後の場面は、予備選勝利の5日後、ワシントンの連邦議会議事堂をパートナーと訪れた AOC。子どもの頃、大人たちと一緒にここ議事堂前に来たとき、父(AOCが大学在学 中に他界)が私にこう言った、と涙をこぼしながら振り返ります。父の言葉は、ネタバレ になるのでここに載せるのはやめておきましょう。ぜひ映画を見てください。この父を持 つプエルトリコ・ルーツの女性がトランプ支配下の米政界に躍り出た。何てすばらしいこ とかと私は感動しきりです。 〔浅井健治@週刊MDS編集部〕 *視聴サイト

Created by staff01. Last modified on 2019-06-14 21:31:04 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について