本文の先頭へ
LNJ Logo 関西生コン弾圧事件 : 滋賀県警が逮捕者家族を恫喝
Home 検索
 




滋賀県警が逮捕者家族を恫喝

「労働組合の弁護士が入って、あんたのダンナさんが何もしゃべらなくなったやないか!警察の我々が子どもと会って、お父さんのことを聞きたいだけや!」

201929日 連帯ユニオン広報委員会

滋賀県警の警察官が、一昨日に引き続き、25日に不当逮捕した仲間の家族に対して、圧力をかけています。

滋賀県警が要高圧的に面会を強いる

本日、県警の警察官が不当逮捕した仲間の奥さんに電話をかけて、「子どもに会わせろ!」「親に会わせろ!」などと事件に関係ない親族への面会を強く求めました。
仲間の奥さんが、丁寧に断っているのにもかかわらず、警察官は激しい口調で「労働組合の弁護士が入ってから、あんたのダンナさんが何もしゃべらなくなったやないか!警察の我々が子どもと会って、お父さんのことを聞きたいだけや!」「本人(被疑者)の母親とも会わなあかんと思っているんや、子どもの将来のこともあるし、相談したいんですが」などと執拗に求め続けたそうです。
仲間の奥さんが、この警察官のあまりにも高圧的で執拗な態度に抗議をしたところ、警察官は「いいんですか、このままやと何ヶ月も彼は入らないとあかんようになるで。仕事もできんようになるで」と、奥さんを脅かすような発言をしたそうです。この県警の現職警察官の高圧的な態度や発言には、耳目を疑うばかりです。
この滋賀県警の警察官の行為は、仲間の家族に圧力をかけることで、労働組合を脱退させる「労働組合つぶし」が狙いなのです。これは、まさに滋賀県警による不当労働行為です。

異常なまでの滋賀県警の行為

この異常極まる滋賀県警の警察官の行為に対して直ちに、私たちは弁護団と連携して、法的な措置をとる手続きを行いました。
連日にわたる、滋賀県警の不当な組合つぶしに、私たちは強く抗議するとともに、二度と繰り返さないことを強く求めます。
警察権力の横暴な振る舞いを許すわけにはいかないのです。関生支部の組合員には、家族を含めた団結強化と、県警の不当な行為を暴露して、警察官の横暴な振る舞いをさせない闘いを組織して行動することが必要です。
支援していただいている労組や市民団体の仲間のみなさんには、この異常極まりない滋賀県警の警察官の実態を暴露・広報する行動を展開することをお願いします。

滋賀 恐喝未遂事件
9回 公判
日時:2019222日 10001700
10回 公判
日時:2019225日 10201700
11回 公判
日時:2019227日 10001700
場所:大津地方裁判所

大阪 威力業務妨害事件
2回 公判
日時:2019515日 1000
場所:大阪地方裁判所 大法廷 201

滋賀 大津生コン協組 威力業務妨害事件
1回 公判

日時:2019228日 11001200
場所:大津地方裁判所

 

ストライキが犯罪か!労働組合つぶしの大弾圧許さない!
3
10集会

日にち:2019310日(日)
時 間:14:0016:00 開場:13:30
場 所:大阪市立西区民センター

労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会

 


Created by staff01. Last modified on 2019-02-10 10:43:34 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について