本文の先頭へ
LNJ Logo 老朽原発の再稼働なんてとんでもない!/「東海第二原発」問題で記者会見
Home 検索
 


老朽原発の再稼働なんてとんでもない!〜「東海第二原発」問題で記者会見

 たんぽぽ舎の原発専門家・山崎久隆さん(写真上)は、「東海第二の原子炉設備はひび割れだらけでボロボロになっている」とその危険な実態を詳しく報告した。9月7日、「とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会」の記者会見は東京・衆院議員会館で開かれた。老朽原発のうえに避難計画もずさんで、実態が明らかになるにつれ反対の声が大きく広がり始めている。この日の会見集会にも、地元つくばみらい市をはじめ、千葉・埼玉・東京など関東一円から住民代表が集まり、取り組みをアピールした。

 東京にもっとも近い「東海第二原発」は、東日本大震災で外部電源が失われ過酷事故寸前の事態になった。まだその後始末も終わっていない、休止している原発である。しかし、運営主体の「日本原子力発電」は再稼働をめざし、原子力規制委員会に「運転継続」を申請している。今年11月27日が運転から40年目にあたり、本来であれば廃炉になる期限である。しかし、原子力規制委員会は7月にも「設置許可変更を適合」とみなし、着々と「20年延長・再稼働」へ進んでいる。

 なぜ日本原電はこれほどまでに再稼働にこだわるのか? 記者は山崎氏に尋ねた。推測と前置きして山崎氏はこう答えた。「日本原電の原発は4基あるが3基は廃炉でいまは1基しか残っていない。これが廃炉になると会社の経営が破綻する。だから止められない。運転継続の形をとれば、安全対策費用の名目で年間約1700億円の金が入ってくる。それを使って原発事業全体の再構築をしようとしているのではないか」と。やはり「東海第二」の再稼働の背景には、巨大な「原子力ムラ」の利権がありそうだ。しかも、その1700億円も周りまわって国民の負担だという。

 いま、「首都圏連絡会」は11月廃炉をもとめて運動を強めている。10月20日には「東海第二原発 運転延長STOP!首都圏大集会」を日本教育会館ホールで開き、10月26日の「原子力の日」には日本原電をヒューマンチェーンで包囲する計画だ。また、「ビデオジャーナリストユニオン」が緊急制作したDVD『恐怖のカウントダウン〜東海第二原発を止めたい』(18分)も9月20日には完成し、自主上映運動が始まる。まだまだ知られていない首都圏の原発の再稼働問題。これからが運動の正念場である。(M)

↓福島からの避難者である鴨下祐也さんが案内役のDVD『恐怖のカウントダウン〜東海第二原発を止めたい』より


Created by staff01. Last modified on 2018-09-09 17:48:33 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について