本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜改憲阻止へアジア・世界の人々と、11・3国会包囲大行動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1509719653919sa...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、
 ・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」
の渡部です。
===========================
本日(11月3日)は、
第9条で「戦争放棄」を謳った憲法が公布されて71年目です。
今まさに、その憲法が最大の危機を迎えています。
第9条を変えるということは単に日本だけの問題ではありません。
アジア、世界に大きな影響を与えることになります。
本日開かれた「11・3国会包囲大行動」は
改憲阻止への新たなスタートであると同時に、
まさにそのことを知らせてくれた行動でもありました。
(主催:<安倍9条改憲NO!全国市民アクション>
     <戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会>)
 
主催者挨拶に立った<高田健さん>は次のようなことを述べました。
 本日、北海道から沖縄まで様々な行動が行われている。
 5月3日にアベは9条2項を骨抜きにする改憲を打ち出した。
 一昨年から「市民と野党の共闘」で闘いを続けてきた。
 でも衆院選ではアベも策動し、乱れが起こった。
 しかし2年余りの闘いは無駄ではなかった。 
 新しい政党が生まれ新しい共闘が生まれた。
 アベは3分の2を確保したが、
 新しい結束は大きく発展しアベを打ち砕くだろう。
 世論調査でも改憲に反対が賛成を上回る(51.8%と30数%?)
 この間の運動の流れが市民に息づいている。
 しかし油断はできない。<発議>と<国民投票>を
 させるかどうかはこれからの運動にかかっている。
 「国民投票法」には罠が仕掛けてある。期待できない。
 だから<発議>をさせない闘いを全力を挙げて闘う。
 本日は昨年パククネ政権を倒した韓国のリーダーも
 連帯して来ている。
 その闘いにも学んで、国会の内と外で団結して闘おう。
 3000万署名に全力をあげよう。

その後、<立憲民主党の枝野幸男代表>は次のように述べました。
 国民に背中を押されて結党した。
 安保法制以来のみなさんの声に感謝する。
 アベ首相は憲法による選挙で選ばれたに過ぎない。
 憲法に従って権限の行使をしなければならない。
 彼に白紙委任しているわけではない。
 9条を改憲してよいと言ったわけではない。
 これまでは永田町の内側を向いた政治だった。
 これからは国民の皆さんとともに歩む。
 立憲主義を取り戻す。外側を向こう。
 その第一歩をこの11月3日からスタートさせていこう。

その後、
 <ルポライターの鎌田慧さん>
 <作家の落合恵子さん>、
 < ICAN国際運営委員・ピースボート共同代表の川崎哲さん>
の発言がありましたが割愛します。

続いて、韓国からやってきた
<キャンドル革命のリーダーの一人キム・ヨンボさん>が
次のようなことを述べました。これは大変貴重な発言でした。

 外国人がなぜ(発言)?と思う方がいるかもしれない。
 しかし、9条の問題は国内の問題にとどまらず世界の問題だ。
 戦後、戦前の締めくくりとして9条ができた。
 9条はアジアの平和の宝であり戦後の世界平和体制の柱だった。
 世界平和を愛する者がここに参加するのは当たり前だ。
 改憲のプロセスが怖い。外に敵を作る。
 韓国、中国、北朝鮮に対してあらゆる悪口をする。
 正しい情報ではなく、勝手な情報が流され、
 日本国民をそういう方向に促す。
 するといろいろなヘイトスピーチをするようになる。かなり怖い。
 領土ナショナリズムで押し進めることは本当に怖い。
 9条がなくなったら「普通の国家」になる?
 いや、「普通の国家」ではなく、
 「戦前のファシズム国家」になる恐れがある。
 「新しい軍国主義の出発点」になる恐れが最も強い。
 9条を変えれば、相手も、中国、韓国、北朝鮮も軍拡に走り、
 アジアは軍拡の悪循環になる。
 9条を守ることがアジア、世界にとって非常に重要な問題だ。
 また(消極的に)守るというのではなく、
 積極的に攻める立場で闘うことだ。たとえば、
 スイスでは国際的な経済会議が開かれているが、
 ぜひ東京で、World  Peace  Forum を開いて欲しい。
 しかも市民の金で。
 そして世界の人々の平和センターになってほしい。

その後、
 <共産党・志位和夫委員長>
 <社民党・福島瑞穂副党首>
 <自由党・小沢一郎共同代表>(メッセージ)
 <弁護士・内田雅敏さん>
 <ジャーナリスト・高野孟さん>
 <憲法学者・永山茂樹さん>
 <落語家・古今亭菊千代さん>
 <韓国平和団体>(メッセージ)
 <一坪地主関東ブロックの木村さん>
などからも発言がありましたが割愛します。

最後に<「平和フォーラム」の勝島一博勝さん>から、
 3000万署名(12月20日第一次集約)
 19日行動(11月19日14:00〜、12月19日18:30〜)
 新春の集い(1月7日 14:00〜 北とぴあ)
という行動提起がなされました。

今回、9条改憲に対しては、アジアや世界の人々も
大きな関心を持っていることが明らかになりました。
このたびの選挙選での象徴的な出来事は
アベの大阪での演説の時の「君が代」斉唱でした。
如何にも内向きナショナリズムです。
ですからわたしたちがこれに対抗し
アジア・世界の人々と連帯し闘うためには、
国際労働歌「インターナショナル」があることを思い出しても
いい時代になってきたのではないでしょうか。 

==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
==================
対米従属で「世界征服」を夢想するデマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
==================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)
**************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
      http://houinet.blogspot.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
      http://hinokimitcb.web.fc2.com/
「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
    http://hinokimi.web.fc2.com

Created by sasaki. Last modified on 2017-11-03 23:34:14 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について