本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜小池と前原のその後と杉並スタンディング
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1507976776882sa...
Status: published
View


 ・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、
 ・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」
の渡部です。
===========================
選挙も中盤戦。いろいろなことが明らかになってきた。
「政権交代」を旗印に9月25日「希望の党」を立ち上げた小池は、
その後、自民党の補完勢力でしかないことが明らかになった。

それは特に10月2日の「政策協定書」で明らかになった。
そこでは、原発ゼロは消え、安保法制、改憲では自民党と同じであった。
私は「悪徳商法」のようだと批判した。

さらに、10月7日の主要8政党による党首討論会では、
小池氏は安倍首相への対決姿勢を「封印」し、
共産党から安倍政権との違いを聞かれて、
「しがらみがないということ」と答えるまでに至った。

さすがにこのようなことが続けば、内部からも批判が起きる。
2名の都議は、「都民ファーストの会」を脱退した。
また「政策協定書」を突き付けられて、「話が違う」と言って
「希望の党」公認を取り下げた候補者もいる。

新聞社などの衆院選情勢調査などを見ても、
「希望の党」は、「伸び悩み」などと書かれている。
小池の「悪徳商法」はもはや見破られているのである。
人々はそんなに馬鹿ではない。

一方「安倍政権を倒すためなら何でもやる」といって、
「希望の党」へ合流し、「民進党」が分裂したことを、
平然と「想定内」と言ってのけた前原代表はどうだろうか。
10月4日、地元京都での演説では、
「裏切り者」、「恥ずかしないんか」とヤジが飛び、
「帰れ」のプラカードが掲げられたという。

また、ここでも内部から批判が起き、同党参院幹部が
衆院選後の再結集を目指す考えを示すようになった。
これに対し、前原は、
「これほど有権者を愚弄(ぐろう)した話はない。
民進党再結集は絶対にやってはならない」と述べたという。
しかし、「野党と市民の共闘」路線を破壊し、
有権者を最大限愚弄したのは前原本人ではないか。

安倍政権を倒すためにこれまで多くの市民たちは、
「野党と市民の共闘!」と叫んできた。
しかし、前原は、その「共闘」を一夜でぶち壊し、
結果的に安倍政権に有利な政治状況を作り出したのである。
しかも「安倍政権を倒すためなら何でもやる」と言って。

したがって、今回の選挙に当たり二人の果たした役割は、
大きく発展しつつあった「野党と市民の共闘」をぶち壊し、
倒れかかっていた安倍政権を最大限援助したということである。
このことは、選挙後の二人を処遇を見ればさらに明らかになるだろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京8区(杉並)では統一候補を立てることができませんでした。
それでも、声を上げなければと市民たちは立ち上がっています。
「戦争をさせない杉並1000人委員会」では以下のような取り組みを
することになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
激しく選挙情勢が動いていますが、私たちも、
自発的にできる行動を工夫して進めたいと思い、次の通り提起します。
ゝ泙ょ、駅頭を中心に「スタンディング」活動を展開します。
  「A3」サイズのバナーを掲げます。
杉並1000人委員会としての統一行動は次の通りとします。
 ・16日(月)正午〜1時:西荻駅北 
 ・17日(火)正午〜1時:荻窪駅南
 ・18日(水)正午〜1時:荻窪駅北
 ・19日(木)正午〜1時:阿佐ヶ谷駅 
 ・20日(金)正午〜1時:高円寺駅北 
 の5日間です。雨でも行ないます。もちろん、どこかの候補の
 宣伝活動と重なることはあり得ますが、スタンディングは行ないます。
▲丱福爾蓮10種作成しました。統一行動には、
 プリントアウトのうえ拡大コピー版を事務局が持参します。
 プラスチックケースも準備します。
0幣紊療一行動とは別に、そして候補者の宣伝行動とは別に、
 可能な時間・場所で、友人と誘いあって、スタンディングを企画ください。
せ務局としては、杉並の全民主団体にも呼び掛けたいと思います。
 可能な限り、全国的にも広げます。
最後まで、頑張りぬきましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

Created by sasaki. Last modified on 2017-10-14 19:26:18 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について