本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜河原井さん根津さんの勝訴確定
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「ひのきみ全国ネット」の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)

すでに、被処分者の会の近藤徹さんのメールでも流れていますが、
07年の河原井さん(停職3ヶ月)・根津公子さん(停職6か月)の取り消し訴訟は、
最高裁が都教委の上告を棄却し、二人の勝訴が確定しました。

近藤徹さんが紹介してくれた時事ドットコムニュース
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060100709&g=soc
には、次のようのまとめられています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
卒業式での君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に停職処分を受けた東京都の
公立学校の元教員2人が、都に処分取り消しなどを求めた訴訟で、2人の処分を取り
消し、都に計20万円を支払うよう命じた二審東京高裁判決が確定した。最高裁第3
小法廷(大橋正春裁判長)が、5月31日付で都側の上告を退ける決定をした。
 訴えていたのは、元養護学校教員の女性(66)と、元中学校教員の女性(6
5)。2人は2007年3月、それぞれ停職3カ月と6カ月の懲戒処分を受けた。
 二審は、不起立を繰り返した教員に対し、処分を機械的に重くする都教育委員会の
運用は「自らの思想信条か教職員の身分かの二者択一を迫るもので、憲法が保障する
思想・良心の自由の侵害につながる」と批判。停職3カ月の処分だけを取り消した一
審東京地裁判決を変更した。(2016/06/01-17:45)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最高裁第三小法廷が出した「決定」には以下のように述べてあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<主文> 本件上告を棄却する。
       本件を上告審として受理しない。 
       上告費用及び申し立て費用は上告人兼申立人の負担とする。
<理由>
 1、上告について
  民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは
  民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ、
  本件上告の理由は、違憲及び理由の不備・食違いをいうが、
  その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって、
  明らかに上記各項に規定する事由に該当しない。
 2、上告受理申立てについて
  本件申立ての理由によれば、本件は、民訴法318条1項により
  受理すべきとは認められない。
  
  よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。
 
  平成28年5月31日
      最高裁判所第三小法廷
                    裁判長裁判官  大 橋 正 春
            裁判官  岡 部 喜代子
    裁判官  大 谷 剛 彦
                         裁判官  木 内 道 祥
                         裁判官  山 崎 敏 充
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なお、東京高裁判決(2015年5月28日)には次のようなことが述べられていました。
少し長くなりますが、参考までに紹介しておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「本件根津停職処分において停職期間を6月とした都教委の判断は、
 具体的に行われた非違行為の内容や影響の程度等に鑑み、社会通念上、
 行為と処分との均衡を著しく失していて妥当性を欠くものであり、懲戒権者としての
 都教委に与えられている裁量権の合理的な範囲を逸脱してなされたものと
 いわざるを得ず、違法なものというべきである。」
      
 「都教委は、・・・・国歌斉唱時に起立しなかった教職員に対して、職務命令違反として、
 1回目は戒告、2回目は給与1月10分の1を減ずる減給、3回目は給与6月の月額10分の1
 を減ずる減給、4回目は停職1月、5回目は停職3月、6回目は停職6月の各処分を行っており、
 lこのような機械的な運用は、もともと機械的に一律に加重処分して処分を行うことには慎重
 な検討をを要請していた本件国会審議答弁における各答弁内容や本件処分量定を定めた
 趣旨に反するものといわざるを得ない。しかも、このような学校における入学式、卒業式
 などの行事は毎年恒常的に行われる性質のものであって、しかも、通常であれば、各年に
 2回ずつ実施されるものであるから、仮に不起立に対して、・・戒告から減給、減給から停職へと
 機械的に一律にその処分を加重していくとすると、教職員は、2、3年間不起立を繰り返すだけで
 停職処分を受けることになってしまし、仮にその後にも不起立を繰り返すと、より長期間の
 停職処分を受け、ついには免職処分を受けることにならざるを得ない事態に至って、
 自己の歴史観や世界観を含む思想等により忠実であろうとする教員にとっては、自らの
 思想や信条を捨てるか、それとも教職員としての身分を捨てるかの二者択一の選択を
 迫られることになり、そのような事態は。もともとその者が地方公務員としての教職員という
 地位を自ら選択したものであることを考慮しても、日本国憲法が保障している個人としての
 思想及び良心の自由に対する実質的な侵害につながるもであり、相当ではないというべきである。」

 「都教委において、控訴人河原井につき停職3ヶ月、控訴人根津につき停職6月と
 したことは、いずれも裁量権の合理的な範囲を逸脱したものとして違法というべきであり、
 そのような処分によって控訴人らが受けた精神的苦痛については損害賠償によって
 慰謝されるべきものと考えるが、・・(他方において職務命令には違反したとして)・・
 本件各処分によって控訴人らが被った精神的苦痛に対する慰謝料は、控訴人ら
 それぞれに対して10万円とするのが相当である。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうした高裁の判決が今回確定したわけです。

河原井さん、根津さん、本当におめでとうございます。
お二人の長い闘いが実りましたね。
「日の丸・君が代」強制に反対する者たちに
大きな励ましを与えてくれました。ありがとう、河原井さん、根津さん。

暴走する安倍政権下、
全国各地で粘り強く闘っている皆さん!
二人は屈することなく闘って情勢を切り開きました。
二人の闘いに学び、ともに屈することなく闘っていきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本来なら本日<高校生向けビラまきと2000万署名>
について報告する予定でしたが、次回に回します。

**************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
http://hinokimi.web.fc2.com/


Created by sasaki. Last modified on 2016-06-01 23:54:26 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について