本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜5・3憲法集会
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「ひのきみ全国ネット」の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)

本日(5月3日)、東京・有明防災公園にて、
「5・3憲法集会」が開かれ、
昨年の3万人を上回る5万人が結集しました。

開会挨拶で、
<解釈で憲法9条壊すな!実行委員会:高田健さん>は
次のようなことを述べました。
 昨年の横浜に続く2回目の総がかりの集会だ。
 昨年の集会は「2015年安保闘争」の全国的で
 巨大な市民運動の幕開けとなった画期的な集会だった。
 安倍内閣は昨年9月19日に「戦争法」を強行したが、
 それ以降も反対闘争は継続、新しい市民革命が始まった。

 今、2000万署名が展開され、国会では野党共闘が生まれ、
 違憲訴訟も始まった。
 参院選に向けては「市民連合」が草の根の運動を展開し、
 全国で無数の組織が動いている。
 戦争法や改憲に対する反対が多数になってきている。
 北海道の補選の結果も安倍政権の心胆を寒からしめた。
 来る参院選でも候補一本化を進めていこう。
 そうして安倍内閣の退陣を!

 6月5日には国会包囲が行われる。
 辺野古基地建設、川内原発、貧困・格差に反対し、
 戦争に反対する「2016年安保闘争」の巨大な運動を発展させよう。
 戦後70年の歴史を終わらせてはならない。
 憲法改悪反対、安倍退陣、参院選で野党の勝利!

 最後に1978年有事法制の年に、
 石井百代(ももよ)さんが歌った短歌を再度紹介する。
 「徴兵は命かけても阻むべし母・祖母・おみな牢(ろう)に満つるとも」
  
その後のゲスト挨拶では、
<第17代高校生平和大使:白鳥亜美さん>
<立憲デモクラシー・法政大教授:山口二郎さん>
<農業生産法人役員・辺野古基金共同代表:菅原文子さん>
<ジャーナリスト:むのたけじさん>
<市民連合・早稲田大学大学院法務研究科教授:朝倉むつ子さん>
がそれぞれの立場から挨拶しました。

その中で100歳を超えた<ジャーナリスト:むのたけじさん>は
次のようなことを話しました。
 この集会は戦争を絶滅させる実現力をつける集会だ。
 若い人々が来ている。
 ジャーナリストとして戦争を国内外で経験したものとして話したい。
 
 一つは、戦争とは何かという事だ、
 自分は従軍記者として武器を持たなかった。
 しかし、兵士と同じ心境になった。
 戦争になれば相手を殺さなければこちらが死ぬ。
 死にたくなければ相手を殺す。
 こうした精神状態に耐えられるのは3日間だ。
 あとは「どうでもなれ」となる。女性に対する乱暴、盗みなどなど。
 指導者たちは、敵の国民をできるだけ早く、多く殺せと命じる。
 互いの正義が実現できるか。出来ない。
 だから、戦争は決して許してはならない。
 しかし、自分たちの世代はかつて許してしまった。
 恥ずかしいことだった。その結果15年戦争になり、
 例のない無条件降伏になった。

 二つ目は、戦争を始めてしまったら止めようがないということだ。
 戦前の憲法の下では、人々は「臣民」=家来だった。s
 国の方針に反すれば刑罰を受けた。
 ぶざまな戦争をし、ぶざまな尻拭いをし、残ったのは9条だ。
 9条こそは人類に希望をもたらす。70年間平和だった。
 こうした憲法を持つのは日本が唯一だ。
 この会場の光景を見ると、若いエネルギーがあり、
 いたるところに女性の姿がある。これは新しいエネルギーだ。

政党からは、<民進党:岡田克也代表>、<共産党:志位和夫委員長>
<社民党:吉田忠智党首>、<生活の党:小沢一郎共同代表>
らが発言しました。

その中で<生活の党:小沢一郎共同代表>は次のようなことを述べました。
 日本国憲法の理想・理念を守り抜く集会。嬉しく心強く思っている。
 積極的な活動が必要だ。心から敬意を表します。ありがとうございます。
 何もかも実現するためには選挙で勝たなければならない!

その後、リレートークでは以下の10団体の方々が発言しました。
<国際ボランティア>
<一坪反戦地主会関東ブロック>
<原子力資料情報室>
<障害者九条の会>
<朝鮮高校生徒>
<日本消費者連盟>
<子どもと教科書全国ネット21>
<日本労働弁護団>
<しんぐるまざーず・ふぉーらむ>
<シールズ>

最後に行動提起がありましたが、
私のいたグループ(日教組関係)はすでに
パレード出発のために移動しており、聞くことができませんでした。
ただ、話によると、この中でこれまで署名が1200万集まった
という事が報告されたという事です。
もし、本当ならば素晴らしいことです。
全国各地でいかに多くの人々が、
2000万署名運動に取り組んでいるかということです。
まさに人民大衆こそが歴史の原動力です。

パレードの途中、右翼団体が私たちに向かって
盛んに悪態をついていました。
彼らの掲げている何本かの幟には「帝国憲法復活」と書いてありました。
安倍政権の改憲の本質を表していると思いました。
彼らは歴史の歯車を必死で逆転させようとしています。
しかし、歴史の歯車は(あるいは人民大衆は)、
彼らを踏みつぶして前進していくでしょう。

**************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
http://hinokimi.web.fc2.com/


Created by sasaki. Last modified on 2016-05-04 00:08:11 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について