本文の先頭へ
LNJ Logo 「被災地フィールドワーク」に参加して : 急速にすすむ「復興」変わらない被災地の現実
Home 検索
 


●福島県教組・被災地フィールドワーク

急速にすすむ「復興」〜変わらない被災地の現実

   湯本雅典

 *飯舘中学校

動画(4分)

 8月7日、「被災地フィールドワーク」(主催:福島県教職員組合)に参加した。福島県教組は、震災後「被災地フィールドワーク」を実施してきた。今回の参加者は、32名。福島県外からは、川崎市、熊本市から参加者があった。


 *浪江町

 今回のコースは、川俣町山木屋地区、飯舘村、浪江町である。山木屋地区と飯舘村は来年3月に避難指示が解除される。また、浪江町は避難指示解除に向けて住民懇談会が始まっている。

 飯舘村では、飯舘中学校で下車した。「除染中」の看板がかかげられていた。それでも0.5〜1マイクロシーベルト/時以上の線量が計測された。現地での開校は、再来年3月予定とされているが、それまでに線量が下がるのか疑問が残る。


  *浪江町

 現在でも全町避難が続く浪江町(写真)。JR浪江駅(現在休止中)の前で「夏休みの休日でもまったく音がしない町、この実態を体感してください」と福島県教組双葉支部書記長の日野彰さんは語った。


 *浪江中学校

 熊本から毎年参加している人は、「熊本でも今年の大地震の後、すぐに学校の授業を再開させようという動きがありました。被災地では、どこでも学校再開が『復興』のシンボルにさせられてしまっています」と語った。(取材:8月7日)


Created by staff01. Last modified on 2016-08-14 16:33:33 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について