本文の先頭へ
LNJ Logo 牧子嘉丸のショート・ワールド(30) : 一億総翼賛化社会なんてぶっ飛ばせ!
Home 検索
 



    第30回 2016年5月1日

一億総翼賛化社会なんてぶっ飛ばせ!

司会―きょうのレイバーネット狂句会は、アベのいう「一億総活躍」の嘘っぱちをみんなで笑い飛ばそうという趣向です。お配りしてあるのは、森川方達さん編・著「帝国ニッポン標語集―戦時国策スローガン」から、「一億」の語のあるのをぬきだしてみたものです。この言葉が戦時中にどう使われたかを考えながら、付け足したり、言い換えたりして、パロッちゃおうという遊びです。どうぞ、よろしく。まず、原文の標語を言ってから、ご自分の句を披露して下さい。はい、さっそく手があがりました。では、禁煙亭杢太さん、どうぞ。

杢太ー「聖戦へ 民の一億 体当たり」というのに、つけくわえて、「I・Sの戦士も蒼くなり」

司会―なるほど。それにしてもすごい標語だね。元祖I・S、ここにありだ。つぎは。はい、いつも元気いっぱいの池坊煎茶さん。

煎茶ー「一億 応召」の対句で「みな 戦死」なんて、どうでしょう。

司会―ほんとだね。応召も招集も徴兵も、とにかく絶対戦争に行ったらだめだよ。こんどは小野の小春のお姉さん。

小春ー「一億の 力あふれる 四方拝」「一億の 覚悟あらたに 四方拝」「一億が 心ひとつに 四方拝」この三つをまとめて「四方拝 やめて 一億四方巻き」

司会―四方拝というのは天皇が正月に天地四方にむかって、天下太平、万民安寧を祈る行事だけど、おかげで一億総ザンゲさせられてしまったよね。まあ、みんなで四方巻きでも食べてましょ。つぎは、はい。質素倹約第一の穂瀬無比火さん。

無比火ー「一億の 我らは海に 生きる民」だから「辺野古に基地はつくらせないぞ」 ちょっと、スローガンそのままかな。

司会―いやいや、いいですよ。ストレートで。はい、杢太さん。

杢太ー「撃滅へ 一億 怒濤の体当たり」につけて「見よ 五郎丸の 心意気」

司会―杢太さんは体当たりの標語が好きだね。でも、体当たりはラグビーだけにして欲しいもんだ。つぎは、小春さん。

小春ー「一億を二億に ふやす 母まもれ」につけて「その子が入る保育園なけれど」

煎茶ーじゃ、それに便乗して「一億を 二億にふやして ニッポン死ね」なんて。

司会―まあまあ。それにしても「一億が みな国の子の 母となれ」なんて、産めよふやせよの時代だったんだね。その育った子の行く末が「一億が 肩に傷兵 手に遺族」じゃ、しようがないね。無比火さん、なんかありませんか。

無比火ー税金の標語があるね。「一億そろって 正しい申告」「聖恩に 一億感謝の 納税日」なんて。今も昔もかわらないね、そこで一句。「一億そろって正しい申告 おれたちパナマでタックスヘイブン」なんてどうかな。

司会―無比火さんはさすがに視野がグローバルだな。次はスパイに用心しろという標語もたくさんあるでしょ。「一億防諜 揺るがぬ日本」とか「防諜へ 張れよ一億 非常線」とか。

煎茶ーはい、それに対して「一億の 秘密は全部 まっくろけのけ」

小春ーこんどは私が便乗して「一億の 秘密は全部 のり弁当」なんて。

司会―なんか訳わからなくなっちゃったな。それから「防犯へ 民一億の 不寝番」なんてのもあるけど、これ伊勢志摩サミットなんかで、そのまま使えそうだね。

小春ーそれから庶民の暮らしというか、経済の標語も今と似てない?

煎茶ー「一億の くらしを護る 公定価」「国担う 一億の手に 貯金箱」もっとすごいのは「一億に代わって敵うつ 郵便貯金」なんてのがあるね。小春さん反撃してよ。

小春ーじゃあ、「一億の くらしをつぶす アホノミクス」なんてどう。

煎茶ー「一億の マイナス金利 おれが決め」か。

司会―アベやクロダなんかに庶民の暮らしを決められてたまるか、って感じだね。

無比火ー話は人間のことばかりだけど、動物の標語もあるんだね。特に、軍馬。「「物言わぬ 馬に一億 親心」「一億の 胸に愛馬の 行進譜」「一億が いつも愛馬の 日の心」たくさんの馬が戦争の犠牲になっただろうね。そこで一句「一億の 馬も 念仏唱えたか」なんてどうかな。

司会―「馬の耳に念仏」なんて、のんきなこと言ってた時代は馬もまだよかったね。じゃ、そろそろしめてもらいましょうか。杢太さん、お願いします。

杢太ー「一億の 決意を示そう この一票」

司会―わかった。「一億 決死の 体当たり」じゃないの。

杢太ーなわけないでしょ。これは翼賛選挙のスローガンだと思うんだけど。

司会―そうだね。選挙で政府に投票して、戦争推進の決意を示そうという宣伝だね。それでどんなの。

杢太ー「一億の決意を示そうこの一票 野党に入れて アベ打倒!」

司会―よっ、うまくまとめてくれました。まさに野党は共闘だね。よーし、選挙にむけて「進め一億 火の玉だ」

無比火ー「一億が 皆一兵の 心意気」といきたいね。

煎茶ーよーし。僕はもっと景気よく「歓呼の一億 怒濤の進撃だ」どうだ、参ったか。

杢太ーやっぱりそこで最後は「一億 一心 体当たり」とこなくっちゃ。

小春ー危ない、危ない。もうすぐこれなんだから。そんなこと言ってたら、また戦前みたいになっちゃうわよ。女性のみなさん、この国の男のスローガンにはくれぐれもご用心を。


Created by staff01. Last modified on 2016-05-01 13:52:37 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について