本文の先頭へ
LNJ Logo 「セブンイレブン正体知れば嫌な気分」〜レイバーネットTVで現役店長が告発
Home 検索
 


「セブンイレブン正体知れば嫌な気分」〜レイバーネットTVで現役店長が告発

 「アリ地獄か蟹工船か」。4月13日レイバーネットTVに出演したセブンイレブン現役店長・三井義文さん(写真)の話は衝撃的だった。300万円程度の資金でオーナーになれるが、待っているのは「24時間365日営業・15年縛り」の契約である。何があっても店を閉めることはできない仕組みで、親の葬式でも休めないケースが続出している。三井さんも夜働き、朝は妻が働くという二重生活で切り盛りしている。仮に途中で解約すれば千万単位の高額の違約金をとられる。まさに「アリ地獄」。店長にウツ・離婚が多いという。
 また、経営のすべてを本部が仕切り、店長は仕入れも自由にできない。三井さんは具体例をあげた。「このお茶ですが、量販店で78円で買えるものがセブンで仕入れる価格は87円です。おかしいでしょう。でも、これについて聞いても説明してくれません」


 *写真=見切り品を安く売るところはわずか。それをすると本部ににらまれる

 「売れ残った見切り品を安く売ることもできません。本部はそれを捨てろと言います。安く売ると店長にはプラスでも、本部にはマイナスになるからです。ゴミにしたほうが本部が儲かる仕組みなのです」。賞味期限にさえなっていない食品を大量に廃棄しているセブンイレブンの実態。ギャラリーからも「えっ」という驚きの声が何度も上がった。
 コンビニのブラックバイト問題も起きているが、本部だけに都合がいいフランチャイズ制度のもとで、店長もバイトも痛めつけられている構造がよくわかった。国内1万8000店舗、4兆円を売り上げる巨大コンビニの裏側は恐るべきもの。「セブンイレブン正体知れば嫌な気分」になったのは言うまでもない。(M)

アーカイブ録画(93分・特集は12分から)

↓松元ちえキャスターは米国から帰ったばかりだった

↓お土産の「バナー」。サンダースバッジもあった

↓ニュースダイジェスト

↓特集 : 現役店長が語る「セブン・イレブン」の正体

↓セブンイレブン問題を追及しているライターの古川琢也さん。著書に「セブンイレブンの正体」

↓店長の残酷物語はつきない

↓ツイッターでの反響も多かった

↓ジョニーHの歌は「セブンイレブンオーナー歌(ウルトラセブンの歌)」動画(4分)

↓乱鬼龍のきょうの一句

↓さよならのポエムは栗原貞子「ヒロシマというとき」こちら

↓4.15最賃キャンペーンのお知らせ

↓出演者記念撮影

*撮影=小林未来


Created by staff01. Last modified on 2016-04-14 20:31:54 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について